Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

AUDAX近畿 BRM1004 200km 〜峠登頂まで〜

半年ぶりのブルベに行って来ました。


福井県丸岡を出発して金沢まで行って帰ってくるおよそ200km、ルートラボの標高図をご覧頂ければお分かりかと思いますが、途中でちょっとしたトゲがあるけどその他はほぼ平坦のブルベというよりユルべなのだっ!

そして今回のブルベで私は色々かしこくなりました。

【その1】200kmは長い事がわかった。
【その2】ルートラボの標高図は、1個たか〜い山があると他の坂は平坦に見える事がわかった。
【その3】縦の高さは横の長さより移動するのに時間がかかることがわかった。
【その4】疲れた。

ということで写真たくさんあるのでまずはそのトゲのてっぺんまで。


スタート地点まではNさんの車に乗せて行ってもらうので朝4:15分にsuzutakaさんの家に集合。うちからは車で20分程なのでぼちぼち出かけます。
そしてNさんのハイエースに自転車を積み込んでいざ出発。
で出発早々エントリーシートを持って来るのを忘れた事に気づく物の、まあ現地で予備があるでしょうって事で気にせず出発。
高速でバビューンと現地入りしますが、念のためコンビニでNさんのエントリーシートをコピーさせてもらって予備の紙が無かったら横棒で消して使う作戦とします。

しかし今回のブルベ、準備全然してません。コースはコマ図を作る時にある程度地図で見てるけど、ルートラボのコースは公式で作ってくれているので迷ったり悩んだりしていないからイマイチ頭に入ってません。
エントリーシートは忘れてくるし、まったくなっとらんので反省するとしましょう。


DSCN4707.jpg
さあ到着です。準備をすすめて受付に。
エントリーシートの予備はやっぱり無いようで、棒で消して書き直してもいいか聞いたら大丈夫ですよ〜との事で一安心。ささっと中身を書き直して無事出走できる運びとなりました。


DSCN4708.jpg
今日は予定通り軽装備です。走行中のおつまみはフィットチーネグミ。
とにかく軽いのでNさんが車への出し入れの時にあまりの軽さに驚いていましたが、自分のようなヘタレにはこの程度のハンデでもまだ足りません。


DSCN4710.jpg
ドリンクを買おうと思ったらブリーフィングが始まったのでまじめに聞きます。
で、財布が無いのに気づいてちょっと焦ります。まさか、さっき行ったトイレで落として来たか?
ブリーフィング後は7時前でも順次行っていいですよ〜との事ですが、まずは財布をさがさないといけません。
トイレに探しに行くも無くて、荷物をひっくり返しても無いけど行きに着て来たジャージのポケットに入ってました(^^:
もー、今日は何をやってもダメな日のようです。


DSCN4711.jpg
では気を取り直して出発。
朝日をもろに受けながら隊列についてのんびり走り出します。


DSCN4713.jpg
さすが木陰はまだちょっとひんやりします。ウインドブレーカーを着ているので寒くはないですが、雨が降ったら大変ですね。
台風が接近してるけど今日だけピンポイントで晴れの予報、今の所雨の気配もないので絶好のブルベ日和かもしれません。


DSCN4714.jpg
川沿いの道を走ったりと、ちょっとした山の中だけど中々いい感じの道を走ります。
今回参加が30名ぐらいしかいないとの事ですが、まだまだ集団はそれほどばらけていないので乗っかりながら楽をして走ります。


DSCN4716.jpg
ずっと後ろにくっついていても悪いので途中から少し先頭を牽きます。
若干向かい風だけどそんなに強い風でもなくて快適に走れます。後半台風の風が吹かないといいけどね〜などと言いながらまだ余裕の表情で走り続けます。


DSCN4717.jpg
しばらくすると人里の中に入って来ました。
ここらあたりから観光バスが多くなって来て行く手を阻まれます。
そしたら前方の路肩に止まっていた軽トラが走り出したと思ったらすぐに急停止、こちらは車輪が完全にロックして危うくぶつかりそうになりました。
後ろから走って来た人たちも緊急回避ですが、とりあえず接触もなくて良かったです。いくら田舎だからとはいえ、ウインカーも出さずに道の左端に止まって右折しようとするのはちょっと時代遅れですね。老人だから仕方ないしこちらが気をつけるべき所ではありますが、何をしても許されるわけではないので現代社会を生きるにはもう少し運転スキルをあげてもらいたいです。


DSCN4720.jpg
その後信号で集団を離れたのでコンビニでトイレ休憩などしながらsuzutakaさんとNさんとの3人旅になります。暑くなってきたのでウインドブレーカーを脱いで爽やかに再始動。
途中流しのやたらと速いおじさんが抜いて行ったらNさんのスイッチが入って猛追、時速40kmで巡航してどんどん進みます。一人で静かに走りたかったと思われるおじさんもとんでもないのに憑かれたもんですね(^^;
しばらくしておじさんが一人になりたいようでペースを落としたので前に出て走って行くと、なにやら前方に妙に低重心スタイルの仏像が。


DSCN4722.jpg
通り過ぎる事ができない威圧感に負けて記念撮影。
他の人たちも大体ここに吸い込まれて写真撮影していますが、別にチェックポイントでもなんでもありません。


DSCN4723.jpg
他のグループが出発していったのでタダ乗りするためにこちらも慌てて追走。
ここらからNさんが完全に獲物を追うハンターに豹変して来ています。
思えばNさん、マウンテンバイクで鍛えまくった脚力と体力でロードを手に入れています。ひょっとして、イカンものを手に入れた??


DSCN4724.jpg
なんだか妙に速いペースで走って来てPC1に到着。
もうなんか、異常に消耗しています(^^;
最初のPCが65km地点てのもまた、意外と遠く感じました。


DSCN4725.jpg
疲れ過ぎて食欲が無いのでおにぎりとレッドブルで補給。
随分疲れていたようで、レッドブルの写真があっち向きになっています。半分意識が朦朧としてた??
のんびり休んでいたら夫婦で参加のお二人も到着。旦那さんの自転車がNさんのと色違いでちょっとお話が盛り上がります。
奥さんもきっちりいいペースで走って来てすごいです。


DSCN4726.jpg
ではこの後例のトゲセクションに向います。ここまでも思いのほか坂が多くていい加減疲れていますが、このトゲさえ超えれば後は下るだけ、頑張って登りましょう。
トゲに向う道は大通りで車が多いですが、風の流れを作ってくれるのでそこそこ快適に走れます。


DSCN4727.jpg
で、トゲの入り口に来ました。なんでも地元では有名なヒルクライムコースとのことで、距離は13kmばかり、標高は800mとなります。
まあ、800mはランでも2分ちょっとあれば走れる距離、それがちょっと縦になっただけど思えば恐るるに足りません。ショボいぞ何とか峠。


DSCN4728.jpg
suzutakaさんが、タイムを計ろうと言うのでストップウォッチを始動してアタック開始。
そして5分も経たないうちに2人を視界から消し去ってやりました。前方のですが。
いかん、今日は登れない。いや、今日もか。

しかしここの峠、最初のうちは下りなんかもあってちょっと休憩させてくれます。悪くないね。
いや悪い。第一疲れる。俺様は生粋のスプリンター、平地か緩やかな下り以外は苦手なのです。あと向かい風と暑いのと寒いのと。
あ、ついでに痛いのも。

そして膝も頭も痛くなって来たので激坂を登りながらトップチューブバッグからロキソニンを取り出して飲みます。これで、30分もすれば効いてきて犬のように登れるようになるはずだぜ。
背中に入れたサロンパスDXを随時膝に噴射しながらトボトボしかしコツコツ登るけどiPhoneの傾斜表示が25%になった所で戦意喪失。止まってサロンパスしゅーしゅーしながらしばらく休憩。
しかし、前方にsuzutakaさんの姿は見えているのでそれほど大きくは遅れていないはずです。

で、ロキソニンを飲んでから30分以上たってもまだ頭は痛いまま。もー、諦めてとりあえずインナーローでの左右に蛇行しながらのんびり登ります。
後ろから抜かれないだけまあいいか。
で、ボトルの水を飲もうとおもったら、あいやーー、空になってしもとりますわーー。
自販機などある気配なし、湧き水の気配もなし。
頂上に自販機はあるだろうか。水道でもいい、水は補給できるだろうか。


DSCN4729.jpg
頭痛い、首イタい、腰いたい、ケツいたい、膝イタいとブツブツ言いながらようやくシークレットポイントに到着すると、ありがたい事に有人チェックになっていてスタッフの女の子が到着の写真を撮ってくれていたので満面のひきつった笑みでピースサイン。
suzutakaさんとNさんも待っていてくれました。


DSCN4730.jpg
バナナをいただいて差し入れのコーラをガブガブいただいてお腹はたぽたぽ。
休憩も出来てようやく生き返りました。ありがとうスタッフさん。


DSCN4731.jpg
さあではここでNさんのバイクを紹介しよう。
トレックのマドンなんとかってやつでセンサーがフレームに埋め込まれていてワイヤー類もフレーム内に入ってます。
かっこいいですね〜。
で、奇麗なトイレがあったのでせっかくだから行っておいたらこれがまた、暖房便座にウォッシュレットにとすばらしいトイレでした。
今日はビブで来たのでゆっくりできて助かります。
で、十分休憩してまたみんなで出発。
あと5kmで頂上です、時間もまだゆとりがあるし、登ってしまえばあとはラクチンに下るだけです。


DSCN4732.jpg
再び一瞬にして2人を視界から消し去ってせっせと登ります。
そしてついに、山頂が見えて来ました。先に到着した人たちが見えます。suzutakaさんとNさんもいるようです。
こちらも手を振りながら声援に応えて登って行きますが別に声援はしていなかったようです。


DSCN4734.jpg
激痛で膝が動かないけど、せっかく来たので展望台まで登ります。


DSCN4733.jpg
なかなかいい景色ではありませんか。登った甲斐があるはずだけど自分はそんな事一瞬たりとも思わずただただ疲れています。
その後しばらく寝転がって休憩。隣にいた夫婦ハイキングのおじさんが話かけてくれて、ブルベの事とか色々話を聞いてくれました。自転車乗っていて一番うれしい時ですね。

ここで距離は90km、かなり疲れているものの後は下るだけなので今回もおそらく完走ですね。
今回も無事完走して無敗記録をどんどん伸ばせそうです。


続く


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ








Comments
 お疲れ様
こんにちは。

とりあえず天候に恵まれて何より、
お疲れ様でした。

13km・800mは二之瀬二本とほぼ同格・・・
ちょっと厳しいな・・・(^_^;)
私もできれば上りたくないです(^_^;)

このあとすんなり行くのでしょうか?
続きも楽しみにしています\(^o^)/
 
>店の者さん

台風が近づく中この日だけピンポイントに晴れ予報、なんか日頃の行いが良すぎたんでしょうか。
しかしあの何とか峠、二の瀬2本分だけど疲れは距離の2乗に比例するようです。
しかし、店の者さんなら余裕でいけるんじゃないでしょうか(^^)/

Body
プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01