Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

峠チャレンジ 二之瀬〜鈴鹿スカイライン


今日はsuzutakaさんとチネリお披露目サイクリングとして、二之瀬を経由して鈴鹿スカイラインを登る峠2個攻略コースに行って来ました。
朝7時に名鉄萩原駅付近で待ち合わせしてまずは二之瀬に向かいます。
膝痛が出ないように今日は脚にバンテリンサポーターを着けてきました。ちょっと窮屈だけどまだ寒いから防寒にもなるし良いですね。
身軽に行きたかったけど、まだサドルポジションとか微調整しないといけないのでツール缶は結構重くなりました。
オルトリーブのバッグはこの後鈴鹿スカイラインで合流するtenyuさんから本をいただく予定なので付けて来ました。ウインドブレーカーやサポーターを入れる事が出来たので付けて行って良かったです。



二之瀬へ行く時は東海大橋経由で行ってたけど、suzutakaさんが設定した道は走りやすくていい感じです。しっかり覚えて今度から1人で来れるようにしておこう。



朝は冷え込んだけど天気はよくて、走っているとだんだん暖かくなって来ます。
ウインドブレーカーも着ているので身体が温まって来ました。二之瀬を上る時はウインドブレーカーとサポーターはバッグに入れて30分切りを目指します。



さあでは本日1本目の峠、二之瀬アタック開始です。
前方にお尻がプリップリの女性がなんだかすごそうな自転車を準備していますので、出来るだけ早めに出発して追い抜かれないようにしましょう。

カーボンモノコックの超軽量フレームを手に入れた俺様には二之瀬程度の峠など平地も同然です。さいしょの平坦区間は。
ちょっと上りにさしかかると途端に前に進まなくなります。いざという時のために取っておいたインナー最後の1枚をスタート後5分で使用、さあこの後どうなる?



後ろから迫り来る影のプレッシャーに押しつぶされそうになりながらトンネルを通過。



途中ジャイアントに乗ったジャイアントな人に抜かれたので気合いで2秒ぐらい追いかけたけどすぐにいない人になりました。
それでもダンシングなんかも織り交ぜながら超絶なペースで山頂に到着。やったぜ軽量フレーム。



そしてタイムは28分32秒。

・・・。

あれ?CAAD8の時と変わりませんが(^▽^;)
どうやらフレームが軽くなったところで峠を登るのは速くならないようです。やっぱりエンジンを鍛えないとだめなんですね。いやー、これってひょっとこして無駄に体力を消耗しただけでは?

そしてよく見るとプリプリお尻が目の前に。
まったく息が切れていません、ベンチに座りもしません、なんとゆう剛脚Σ(=°ω°=;ノ)ノ
多分あの人この後何回か上るんだろうな、いやーすごいですね。



上でちょっとトイレ休憩等をして四日市組との待ち合わせ場所を目指すため裏二之瀬を下ります。
ちょっとしたアクシデントで一旦山頂に戻ってまた下ってサークルKでコーヒー&軽食タイム。
カツサンドを頂いてラインのグループメッセージで現在位置を報告、あちらも全員揃ってランデブーポイントを目指して出発するとの事です。
さあではこちらも向かいましょう。



サークルKでは随分遠くに見えていた目的地方向と思われる山がしっかり見えて来ました。
いやほんと天気が良くて良かったです。明日は雨所により豪雨だそうですから、今日がまさにサイクリング日和ですね。



明確な合流地点は決めてなかったけど、鈴鹿スカイライン山麓付近に到着してtenyuさんの現在位置を確認すると、やや後方をこちらに向かっているので現在位置で待機すると連絡して日陰で待つ事にしました。



そして数分後、四日市組と合流成功。
tenyuさんとイトウさん、そして今回初顔合わせのMATさんです。
みなさんしばらく登って来てお疲れかと思いきやすぐにスタートする気満々です。こちらはまだ休憩モードですが^^;
ドリンクが切れていたのでちょっと上がった所の自販機まで走る事になりました。そして随分登って自販機につきました(;^_^A



さあでは鈴鹿スカイラインアタックです。
一瞬にしてインナーローにして何とか登ります。この時はみんなの姿見えてたんだけどな~。

鈴鹿スカイラインは二之瀬に比べて距離は少し長いだけだけど、斜度がキツいです。そして緩くなるポイントがほとんどなくて大変です。
前にはイトウさんとMATさん、少し遅れてsuzutakaさん、そして自分の後ろにはtenyuさんというフォーメーションです。イトウさんとMATさんはもはや自分の記憶には登っている姿はありませんw
suzutakaさんには頑張って付いて行ってたけど、徐々に離れて行ってマメツブになった頃にはすでに戦意消失、止まって休憩でもするかと思ったけど後ろからtenyuさんのアツい監視があるので止まるに止まれません(@Д@;
そしたらモーレツな空腹に襲われたのでちょっとマシな斜度の所でトップチューブバッグに入っていたカロリーメイトを食べますが、口の中がバサバサになってドリンクを飲もうにも斜度がキツくてその余裕がありません。でもなんとかマシな斜度の所でぐびぐびドリンクを飲んでここで完全に飲み干しましたヾ(@°▽°@)ノ



なんとか止まらずに登頂成功。立っているのがやっとの状態で渾身の笑顔で写真を撮ってもらいます。うーん、俺様のチネリかっこいいな。青のタイヤもこうやってみると悪くないですね。サドルバッグは無い方がかっこいいかなー。ていうか革のサドルめっちゃかっこいいけど尻は痛くなります。でもかっこいいから我慢できます。



ちょっと下った所で皆さん待っていてくれたので適当に記念撮影。イトウさんとMATさんは平地でも走って来たかのように余裕です。



もう坂は登らないと心に誓い、昼食会場を目指して下ります。この峠は下の道がよく見えるポイントがあってなかなか眺めがいいです。自転車登って来てますね。えーい、変態どもがっ。

下りは実に快適です。スピードもよくでますが、減速帯の振動が徐々に身体にダメージを与えて頭が痛くなって来ます。なので道の端っこをできるだけ走るけど落ち葉で滑りそうで怖いですね。
で、なんかチンタラ走る車が邪魔で思うように下れません。
業を煮やしたMATさんが左からぶっちぎります。おー、スゴイ。
そしてその後のMATさんの突撃は圧巻です。
こ、これは、高速戦艦のようだカッコイイо(ж>▽<)y ☆
平地でも風をモノともせず時速30キロ以上で引っ張ってくれます。スゴイです。



そして本日の昼食ポイント、カレーうどんの福村屋に到着。何かすごい車の数です。
待ち時間が30分程度との事なので迷う事無く待つ事にします。これ食べるために今日はこっちに来たわけで、峠はおまけですからね。え、ちがう??
30分などお話ししてるとあっという間に過ぎるはずです。
そしてあっという間に順番が来ました。



カレーうどんのメニューは「カレーうどん800円」か「エビカレーうどん1000円」です。そして大盛りは200円増しとの事なので自分とsuzutakaさん、イトウさんはカレーうどん大盛り、tenyuさんとMATさんはエビカレーをオーダー。
いやー、実にうまい。量も沢山あって疲れきった胃にはかなり刺激的な量でした。しかも喉がカラカラだったので水も大量に飲んだのでもうお腹はぽよんぽよんです。
食べて休憩して元気いっぱいになったはずなのに、食べるのに体力を使ってなぜか疲れています(;^_^A

さあではここで四日市組のみなさんとはお別れします。
2度と峠は登らないと今日心に決めたので、こんど獲得標高10メートルぐらいのブルベを探して一緒にいきましょう!



その後は平地オンリーと思ったらそこそこちょっとした峠的な道がありましたが、まあ峠じゃないのでまだ決心は揺らいでいません。
で、多度大社に入ったらなんか交通規制でどえらいぎょーさん人がいます。何事?



上げ馬神事でした。かっこいいんだよねーこれ。



この後コンビニがなくなるので最後のコンビニでドリンクを補給していざゴールを目指します。
木曽三川公園が見えて来ました。もの凄い人の量で大変な事になっていました。駐車場もどこも満車です。やっぱこういう時は自転車ですね。



木曽三川の背割を北上します。今日は南西の風が結構強く吹いていて、この区間は天国のようでした。あまりに快適に進めて陽気もいいしお腹も満たされているので眠くなる始末、いつもこんな風にほんわかサイクリングができたらどんなにか良い事でしょう。

最後に萩原の華丸ラーメン屋の場所をsuzutakaさんに案内してそこでお別れします。
そして家に到着、子供達が泥だらけになって帰って来た所だったので一緒に風呂に入ってくっさい汗を洗い流してリフレッシュ。心地よい疲れで楽しく走れました。
しかし、随分疲れてるけど300kmどうやって走ったんだろ?
なんかもう2度と走れないような気がしますが、まあ出走すれば何とかなるでしょう。



本日の結果。距離も多くもなく少なくもなく絶妙なコースですね。膝痛は出たけどロキソニンに頼る事無くインドメタシンとサポーターでなんとかやり過ごせました。
最後のコンビニでもういいだろうと思ってサポーターを外したら、その後ちょっと変なペダリングをすると痛くて大変でしたが、サポーターの効果が良くわかってそれはそれで良かったです。
奇麗なペダリングをすると痛くなかったのでちょっとしたペダリング矯正膝痛でもあったし。



高度と心拍数の関係を検証してみましょう。
最初の山が二之瀬、2個目のが鈴鹿スカイライン、最後のチョットしたヤツが峠とは認めない坂。
二之瀬の上りは最初から心拍が上がって登頂まで真面目に登っている様子が伺えます。一方、鈴鹿スカイラインは最初から乱れて山頂付近ではもう投げやりになっている様子が見て取れます。これが坂登らないの誓いの効果か!?
ちょっと二之瀬でハリキリすぎましたね。

何はともあれ、一緒に走ってくれたsuzutakaさん、tenyuさん、イトウさん、MATさん、今日はどうもありがとうございました。
沢山一緒に走れる人がいると一緒に走った人の分だけ楽しくなりますね。
さー勢いで次はどの坂攻めようか。
いや違った、坂は行きません。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
Comments
 1. 喉の乾く季節
こんにちは。

お疲れさまでした~~\(^o^)/
あらら・・・坂は嫌いじゃなくて、
本当は好きなんじゃないですか!!( ´艸`)

冬の間はボトルの水なんかほとんど飲まないですが、
喉の乾く季節突入ですか!!((((((ノ゚⊿゚)ノ
こりゃ~、私も久々半年ぶりに、
二ノ瀬行ってみるかな~~、
冬が来る前に!!(^_^;)

お疲れさまでしたm(_ _)m
suzutakaさんの記事も楽しみ!!(^O^)
 2. Re:喉の乾く季節
>店の者さん

いやー疲れました。
今日ランチ中の会話で自分も再認識したんですが、今日で100km越えはまだ5回目。
ブルベは3回目と4回目だったんですね、いやはや無謀ですがsuzutakaさんの影に隠れてでも完走したのでヨシとしましょう。

二之瀬は30分切れたしもう坂は登らないと決めたので自分はもう登りません(°∀°)b
登らんぞっ。

マァナミ「坂は好き?」
オレ氏「もの凄く嫌いですっ!!」
って、考えながら登ってました。
 3. 次の阪
お疲れ様でした。

いや~楽しかったです。

二つ目の峠がスカイラインってのは、ちょっときついですよね。

で、次の坂は乗鞍とかですか?(^^)
いやいやのその前に、松坂300kmがあったんだった。
私はお付き合いできませんが、平坦なところでお誘いをお待ちしております。



 4. Re:次の阪
>tenyuさん

いやはやホント、イケナイ坂でしたね鈴鹿スカイライン。
次に登る時は乙女ギアにして行きます。
あ、もう登らないんだった(^▽^;)

しかし昨日改めて思ったんですが、峠登る前は十分栄養補給しておかないとハンガーノックで動けなくなりますね。
カレーうどんを楽しみにして腹をすかせたまま行こうと思ったのが失敗だったけど、カロリーメイト様のおかげで無事登頂できました。

途中で休憩したかったんですけどね(;^_^A
 5. 無題
昨日はお疲れ様!
好天と気持ちの良い道、景色、それとキツめの坂ふたつで充実した一日でした。
かとうさん、二之瀬では女性のお尻をみてたのですね!
自分は彼女の自転車ですよ~(笑)
鈴鹿からはtenyuさん、MATさん、イトウさんが加わって5人で走れたのも良かったな~、人数が増えると楽しみも倍増ですね!
それから・・・、自分はかとうさんのチネリが羨ましくて羨ましくて・・・・(笑)
 6. Re:無題
>suzutakaさん

昨日もどうもありがとうございましたヾ(@°▽°@)ノ
尻も見れたしいいサイクリングでしたね~。
しかし、相変わらず前を牽くのがヘタクソなのでちょっと集中トレイントレーニングサイクリングも企画したいです。

チネリは、気に入っていただけましたでしょうか?v(^-^)v
もー自分は毎日眺めてどこかいじってます。

また四日市の皆さんも一緒に200kmぐらいのブルベを時間いっぱい使って走るツアーを企画できたらと思います(^∇^)

Body
プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 01