Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

Webカメラをポートフォワーディングで遠隔管理

今日は自転車とは関係ありません。
自分が今管理しているシステムに使っているカメラの設定を遠隔でいじりたかったものの、パラメーターをviエディタで書き換えてから撮影した画像を取得してアングルの確認をしてたけど、時間と手間がかかるので何か手元で見る方法ないかやったら出来たので、備忘録兼引き継ぎで記録を残しておきます。

sshforwording.jpg


ざっとこんな状況で、現場に設置してあるWebカメラを設定したいというのが今回の課題。
ちなみにアドレスとかは架空です。
アングル調整ぐらいなら先ほどの方法でちまちまやれば出来ますが、カメラそのものの設定を変更するにはローカルネットワーク内のWebブラウザからアクセスしないといけません。

このカメラ、当然Webへの公開機能があって、ルーターの80番ポートをマッピングすればインターネット経由で普通にいじくれますが、それをすると近いうちに乗っ取られます。
でもSSHサーバはローカル内にあるので、コイツを経由してSSH接続でWebカメラの映像を見れば大丈夫ですね。
上の図で言う「うちのMac」と「SSHサーバ」間の通信は暗号化されているので安心です。

で、これを実現するのがポートフォワーディングで、ターミナルから下記のコマンドでまず接続します。


 $ssh (SSHサーバのアドレス) -L (Macで開けたいポート番号):(WEBカメラのアドレス):80

sshのLオプションでポートフォワーディングをする感じです。
具体的には上図の場合だと下の記述になります。

 $ssh mongee.jp -L 8080:192.168.1.50:80

これで、Mac側の8080ポートがWEBカメラの80番ポートと繋がりました。
ちなみに、上のコマンドだとユーザー名を入れてないので続けて入力を促されると思います。

で、このターミナル画面を開いたまま、Webブラウザのアドレス欄に、

 localhost:8080

を入力すればWEBカメラのトップページを表示できます。


web1.png
こんな感じ。
ローカルから接続しているのと全く同じですね。
設定ページからビューワーからすべて問題なく使う事が出来ます。


web2.png
カメラコントロールも出来るのでアングルの確認などリアルタイムで出来ますね。
ただし、インターネットを経由するのでフレームレートが高かったりするとスムーズな映像にはならないと思います。
このWEBカメラは10fpsで320x240にしてあるので意外と違和感無くカメラの画像が見れました。

来年には管理を現場に任せる事が出来るよう、ぼちぼちマニュアルを作って行こうかな。


スポンサーサイト



プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

123456789101112131415161718192021222324252627282930 11