Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

ツール・ド・西美濃 〜完走〜

OS6からの続き

適当に休憩して飛び出したOS6、まあ先導はマウンテンバイクだしちょうど良い。
と、出発早々後ろからドガシャーンと派手な音が、振り返ると後ろの人が転地逆になってます。助けにいこかどうしよかと思いつつ自分が行って何ができるわけでもないし、ちょうど転んだポイントがスタッフが沢山いたので見捨てて行こう、ストイックだぜ。

で、前をみたら何故かマウンテンバイクがマメツブに(^^;
1人置いてかれてる人がいたので後ろに付きますが、ペースが上がらなくてマウンテンバイクが見えなくなって行きます。よし、置いて行こう、ゴールまでの俺様は極めてストイック、情などまったくありません。

しかし、速い。アップダウンが連続してるから追いついても良さそうだけどチラっと見えてもなかなか差が縮まりません。下り区間は50km、登りも20kmぐらいをキープして猛烈に追いかけるけどあっちも同じぐらいのペースで走っているようです。


DSCN4698.jpg
どれだけ走ったでしょうか、平坦区間に入ってようやく前方に姿が見えて来ました。もう爆走をやめてのんびりサイクリングモードに入っているようです。
無事に追いついて一緒に走ります。


DSCN4699.jpg
しばらくして広い道路に出てからペースが上がります。4台の列車で巡航速度は40kmを超えます。
ちょっと油断してドラフティングから切れると追いつけなくなるぐらい速いです。そんな超特急で走っていたらあっという間に前方集団を捉えて連結。スピード差があり過ぎてそのままぶっちぎるかと思ったけど道幅が狭いのであとは後ろにくっついて走りました。
それにしても驚異的なパワー、マウンテンバイクってロードであんなに速く走れるんだ(^^;


DSCN4700.jpg
最後の直線に入りました。次の交差点を曲がればもうゴールです。


DSCN4703.jpg
無事到着。時刻は14時頃だったでしょうか。120kmをおよそ8時間、意外と時間がかかりました。ほぼブルベ速度ですね。


DSCN4704.jpg
完走のチェックを受けます。記念品をもらったりアンケートを書いたり。
来年もまたやってねとアンケートに書いてきました。


IMG_0423.jpg
記念Tシャツ。Lサイズにしたけどちょっと大きめな感じです。
毎年コレクションしようかな。


IMG_0427.jpg
ぶらっと大垣升。
500円で買うといろいろな店でいろいろな特典があるようです。
これも頂いたので池田温泉の割引チケットとともに奥さんの両親にあげました。


DSCN4705.jpg
「大垣ラムネ」と「水まんじゅう」を頂きました。
良く冷えていておいしかったです。しかし、腹はぽよんぽよんです。

今回のツール・ド・西美濃、各OSで補給がたっぷりあって、結局使ったのは出発前に買った水の110円のみ、当然サドルバッグに入れた羊羹も無傷で帰って来ました。


DSCN4706.jpg
ブースで色々パンフレットとかもらったりしながらコーヒーでも飲もうと思ったけど、暑いからやめて早々と撤収。自分のツール・ド・西美濃はこれにて終了。


IMG_0426.jpg
完走証を頂きました。
イベントの趣旨は、タイムを競うのではなく観光サイクリングを楽しむものということで、ゴールタイムとかいった野暮な物は記載されません。
2市9町の魅力を十分に味わう事が出来ました。市長、町長もイベントに積極的なようで、朝早い開会式に全員出席されていました。すばらしいですね、西美濃。また来年もお願いします。
できれば夫婦参加したいですね。女性参加者もそこそこいたしゆるーいコースなので行けると思います。


帯状疱疹から続いて原因不明のアレルギー症状による体調不良で前日までアルコール抜き薬漬けの生活、さすがに体力が落ちていたようでたかが120km走っただけで随分疲れました。
前半はアホみたいに体力が有り余っていましたが、やっぱり坂でどどんとダメージを受けるみたいです。
来週は丸岡ブルベですが、基本平坦なので大丈夫と思うけど途中にちょっとした坂道があるので登れないかもしれません。
いずれにしても、一夜明けた今日もまだ頭痛が治まりきらないしロキソニンで気づかなかったけど両膝にもダメージが来ています(^^;
まあ、まだ1週間あるので準備は進めて、コンディションを見てどうするか考えます。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ




スポンサーサイト



ツール・ド・西美濃 〜OS5、OS6まで〜

OS4からの続き

さて、OS4で5分ほど停車しただけで飛び出して来たわけですが、出発早々峠に差し掛かります。
コースマップでは獲得標高はたいした事無かったけど、どっかの区間で短い距離でかなり登るセクションがあったのを思いだしました、いよいよそこに凸乳するようです。違った突入か。

事前情報によると登り区間は4km程度とのことですが、狭くてそこそこの斜度の坂が続きます。
最初はるんるん登っていたけど徐々に体力を奪われて行って疲れて来ます。そういえば、ここまでずっと休み休み走って来てるから気づかなかったけど、今日初めて長い間休み無しで走っています。
さすがにこのぐらいになると普段走り慣れていないと思われる参加者が大失速するので後ろに付いて走るとバランスを保てなくなるので自分のペースで黙々と登って行きます。
峠のコーナーの要所にボランティアスタッフがいて頑張れーと声をかけてくれるのでこんちわ〜と挨拶するも、表情に余裕が無くなって来ています。
やっと半分ぐらい来たかと思った所のスタッフさんが、まだもうちょっとありますよーと言うのでまた黙々と漕いでいたら前方に先導員とその他大勢が光の中に見えます。


DSCN4691.jpg
おお、もう頂上だ。3kmなかったんじゃないか?
とりあえず登り切ったけど、頭痛が出て来ました。頭が熱を持っているのでしょうか。
病み上がりだとこんな感じで症状がでるんですね。今までは連続してパワーを使っていなかったから何ともなかったのかもしれません。
そして、おねーちゃんが鼻を膨らませて吹くだけの事はあってかなりデインジャラスなダウンヒルです。
シュワーっと下ってブラインドからのいきなりのヘアピンとか、道中コケだらけでヘタにブレーキかけたら吹っ飛びそうな路面とか、結構ヤバい感じの道です。これ、500人も走ったら1人ぐらい転けてもおかしくないですね。みんな大丈夫だったのかな。

その後平地が続くも、頭痛がどんどん激しくなって来てまともに前が見れません。
気温も上がって来て日差しも強くなっているのでなおさら頭痛に拍車がかかったようです。でも沿道で応援してくれる人たちや、要所にいるスタッフが声をかけてくれるおかげで定期的に元気になりながら無事OS5に到着。


DSCN4692.jpg
ここでは「垂井玉ねぎメンチカツ」と「半兵衛もち」、「不帰(かえらず)茶」を頂きます。
かえらず茶とはまた、これからの運命を示唆しているかのようなロックなテイストですが、熱いお茶がなかなか頭痛持ちの身体に滲みておいしかったです。
頭痛も吐き気もあるものの、ロキソニンを飲みたかったので全部頂きます。それでもメンチカツは美味しくいただきました。饅頭は元来平常時でも好きな食べ物ではないので美味しかったかどうかは覚えていません。アンコがなんか変わった感じだったような記憶がありますが、頭痛の記憶が先行しています。

ここで20分ほどゆっくりしてたらロキソニンが効いてきたのか、頭痛が我慢できるぐらいまで回復。
体力は有り余っているので出発待ちの集団に合流して走り出します。


DSCN4693.jpg
しばらく一番後ろについてのんびり走ってましたが、だんだん前のおっちゃんが集団から引き離されて行きます。

ん?このおっちゃん!?


IMG_0424.jpg
おっちゃんやないかっ!
おお、同じぐらいのペースで元気に走ってたねんな〜、奇遇やな〜。
でもおっちゃん、随分疲れてるみたいで頑張ってるけどペースが上がらんな〜。よく見たらフラペだし、よー頑張っとるな〜。

おっちゃん一人にするわけにいかないのでずっと後ろから付いて行きますが、集団からはどんどん離れて遥か彼方に見えるか見えないかぐらいになります。前に出て牽いても付いて来れないだろうし、そもそも風も若干追い風だから牽くまでもないしと思ってたら後ろから次の集団が近づいて来るのを確認。

前詰めますね〜と言っておっちゃんの前に出て付いて来れるかちょっと確認するも無理みたいです。
おっちゃん、ごめん。私は先に行きます。
付いて来れないのは仕方ないので前方集団に一気に迫るためアブアブダンシングで時速50kmでぶっ飛ばして追いかけます。ロキソニンのおかげでめっちゃ強気です。


DSCN4694.jpg
前方を視界に捉えるも、またもやヒルクライムセクションに入りますが、気合いで追いつきます。そしてさらに前方の集団も捉えていて大きな集団になっていました。
と、ここから先導員が動いてそれぞれアタックを仕掛けます。そして参加者も先導員について何人かアタックして行きます。
自分も元気一杯なので、乗っかってアタック。フロントアウターに入れて立ちコギダンシングしながらリアをどんどんアウターに入れてスプリントクライム、塊を一気に抜き去ります。さすがに負荷をかけ過ぎて両足の腿と脹ら脛が攣る体制に入ったのでアタック終了、ローギアに落としてポジション維持して登って行きます。

そして下り区間に入るとバトルが激化。自分はやたらと速い2人組に乗っかってかっ飛ばします。これは気持ちいい。
ずっとただ乗りもいけないので前に飛び出て申し訳程度にただ乗りのお礼をしつつ、無事先導車に接続。いやー楽しかった。


DSCN4696.jpg
そのままカーボンホイールのイカしたブレーキ音を後ろから聴きながら最後のOSに到着。


DSCN4697.jpg
「ビスケットアイス」と「地酒ケーキ」を頂きます。
地酒ケーキはしっかり酒が効いています。これ、アルコール弱い人だと酔っぱらわないかな(^^;

さあでは、補給も済んだことなので出発します。
と、先導員があのゼッケン9のマウンテンバイクです。あとはゴールを目指すのみ、マウンテン兄さんに気持ちよく牽いて行ってもらいましょう。


つどぅく


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ




プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

123456789101112131415161718192021222324252627282930 09