Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

SK11 デジタルトルクレンチ SDT3-060

2日振りに家に帰って来たらAmazonで注文したデジタルトルクレンチが到着していました。

DSCN3013.jpg
藤原産業のSK11 SDT3-030、デジタルで安価なトルクレンチです。
安いけど自転車の締め付けなら十分使えるとネットで評判だし、バラバラにしたロードバイクのネジの締め付け箇所も沢山あることなので、早速存分に使えるから試しに買ってみました。

レンチ自体は短いけど60Nmまで行けるそうです。頑張って力入れれば行けるでしょう。
低いレンジも3Nmからなので、まさにロードバイクのためにあるようなトルクレンチですね。


DSCN3015.jpg
検査成績表も付いています。右回転3%、左回転4%の誤差とのことなので、自転車のネジの締め付けなら十分許容範囲ですね。


DSCN3016.jpg
こちら、ネットで不評な電池蓋です。プラスねじ4本で付いています。
しばらく使用しない時は電池を抜いておくようにとの事ですが、いちいち抜くのが面倒くさいとのことで、まったくその通りだけどこの手の製品は長期間電池を入れたままにしておくと液漏れしそうなのでここは一つ、こつこつ電池は抜いておいた方が良さそうです。


DSCN3017.jpg
電池は東芝の「めっちゃ酷使に耐えます」と書いてあるやつが2本付いていました。
せっかくなので性能を十分に発揮してもらいましょう。


DSCN3018.jpg
トルクはあらかじめ設定して、締めて行くと光と音で設定値に近づいて行くのを知らせてくれます。
トルクの設定は<>ボタンを押すんだけど、長押しするとものすごい勢いで変わるので目標値の近くでうまく止めるのは熟練が必要です。まあ1回ずつ押せば0.01単位で変わるのでいいんですけどね。


DSCN3019.jpg
設定値になるとLEDがレッドゾーンに入って音もひときわにぎやかになります。ちょっとした目覚ましぐらいのにぎやかさですので、家族が寝てから部屋でやるとかちょっと無理かもしれませんね。


DSCN3020.jpg
あまりに音がうるさいのでスピーカー部分に子供のノートにあったシールを貼りました。少しおとなしくなりました。
でもまだ十分うるさいのでもっとコッテコテに塞いでもよさそうです。

さて、使用感ですが、なかなか良いです。体勢的に画面をずっと見てるのが大変な場所でも音で大体わかるので、最後の微調整の時だけ気合いで数値を確認すれば良い感じです。
首折れ式ではないので締めればどんどん締まって行くし、ブザーにひるんで力を抜くと数値がブレますが、まあこれは慣れでなんとでもなりますね。
感触で締めていたネジがどんなもんかと思いましたが、遠慮した分だけ若干ゆるめだったようです。まあそこそこいい線行ってたのでまだまだ自分の勘も捨てたもんじゃないと思ったけど、やっぱり数値できちんと管理できるのは気分がいいですね。
また、このタイプは両回転ともトルク計測が出来るのがいいですね。
お値段も1万円程度なので、サドルの高さとかハンドルの高さ、ステム交換程度なら自分でやるって人は持っていても損は無いと思います。


使用感を動画撮影しました。

慣れると使いやすいと思います。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
スポンサーサイト



プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 07