Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

四日市へ 〜 ITO CYCLE 〜

今日は四日市のイトウサイクルまで行って来ました。
開店時間は10時、距離は約50kmなので休憩しながら3時間もあれば着くでしょう。ということで7時30分に出発。



今日は天気がいいけど朝から北西の風が強めに吹いています。
行きは南西に向かうので南に向かう時はそこそこの追い風を感じて走れますが、西に向かうと結構向かい風が来ます。
そしていつもの木曽三川の背割りを走っていると急激な腹痛が(((( ;°Д°))))
猛烈にダッシュしてタワーの所でトイレに行こうとするも、まだ開園前で入れません。仕方ないのでそのまま西進してコンビニでトイレに駆け込みセーフ(;^_^A
ウイダーインゼリーローヤルをぐいっと頂いていざ出発。



多度大社へ行く坂道では向かい風で登るのが大変です。1本北から行けば良かった。
その後もアップダウンをいくつか越えて順調に進みます。
三重県、坂多いぞ。



向かい風は下ハンで姿勢を低くしつつ、下り坂で十分加速しながら走ったら10時前に到着。まだ半分シャッターが開いてません。



今日の目的はこれ。
エストラーダデザインのジャージです。まだタグが着いている事実上の新品ですが、頂ける事になりましたヾ(@°▽°@)ノ
サイズはSなのでぴったりの予感です。いやーかっこいいですね、いいですね。
下は念願のビブタイプです。パンツスタイルだとゴムがお腹を圧迫するからこれ欲しかったんだよね~~。



後ろ側はこのような感じ。すごいですね、これ着てると速い人みたいですね。
遅いけどね。でも瞬間的には速くなる事もあるからいいか。



そしてもうひとつ、リュックを買って来ました。
ファウデのハイパーエアー14+3です。
ロードに乗り始めてからずっと自転車用にデザインされたリュックが欲しいと思っていてドイターのレースXを買うかやめよか考え中のまま消費税増税を迎えてついに値上がりして買う気消沈していた所、イトウサイクルさんにファウデのリュックが入荷したとの事で、今日はこれを見るのも楽しみにしていました。

ファウデってのは知らなかったんですが、結構有名なメーカーのようで、作りもしっかりしてるし自転車用によく考えられていて、非常に使い勝手が良さそうです。
20+5とどっちにしようか迷いましたが、ちょっと大きすぎる様なきがしたのでこっちにしました。
何か色々機能的なのでまた後日じっくり写真をとってレポートします。


さあでは、ヨメから夜は寿司を食べに行くと通報があったので急いで帰る事にしましょう。
イトウさんありがとうございました、では帰ります。



しかし今回のルート、途中めぼしい飲食店がありません。堤防沿いとかメインだから仕方ないですね。
しかし、途中にイオン東員店があるのでそこで昼食にする事にしました。



フードコートの魁力屋というラーメン屋さんで醤油ラーメンとチャーハンのセットを注文。
なかなか美味しかったです。でもラーメンはもうちょっと濃い味がいいですね。ラーメン濃くするタレとか置いてくれたら最高です。

で、ロクに噛まずにフガフガ言いながらあっという間に汁まで飲み干したらまた腹痛が(^▽^;)
ご飯は良く噛んで食べましょう。

そしてトイレでレストしてたらふとリュックに入れたエストラーダジャージを着れるか試したくなったので上を着てみました。
おお、ぴったりジャストサイズ!
もーいっそ、下も履いてしまえいっ。ということでトイレから別人として出て来ました。鏡に映るエストラーダジャージが格好良すぎてじっくり見たかったけど、他のお客の目線がプレッシャーでさっさと逃げます。イオンですからね(;^_^A

さーでは、お腹もいっぱいになった事なのでまた元気良く走りましょう。
向かい風に逆らいながら走っていたので膝の痛みが出てきたので思うようにスピードがあがりません。いよいよロキソニンの登場が近づいているかもしれませんが、出来るだけ薬に頼らず走りきりましょう。

暴風とも言える北西の風にまともに向かうので平地でもフロントインナーです。しかしファウデのリュック、背負っているのを忘れるぐらい風にもまったく動じません。抵抗感もなし、すごいいいですね。むしろブラケットポジションでは身体の後方に巻き込む風を受け流して整流してるんじゃないかと思うぐらい、なんの抵抗感もありません。いやーいいもの買った。
真夏になるとさすがに肩ベルトのあたりは暑いだろうけど、背中はメッシュになっていて更に本体と隙間が出来ているので風がスースー入ります。むしろ冬はここに何か詰め物するかカイロを貼付けないといけないでしょう。ま、詳しくは次回か次々回かその次ぐらいのレポートを参照してください。

そして忘れてならないのがエストラダジャージ、ぴったぴたサイズの恩恵か、バタつかないので身体に風の抵抗を感じません。こりゃ、ええわぁ~(^∇^)
えーもんもろたわー。どえらい得したでかんわー。
着心地抜群、見た目も抜群。責任感で若干スピードも速くなります。すごいわーこれ。

ジャージと一体化して超音速マシーンとなったエストラーダ号で連続する緩やかな下りを走っていたら、軽トラが幅寄せしながら抜いていったので理由を聞きたくて追いかけ回していたら遂に時速68kmをマーク!、さすがにちょっとしたギャップでの衝撃が怖かったです(;^_^A
軽トラは、壊れそうなエンジン音を出して走り去って行きました。サルが横断していたので轢かなくてよかったです。



さすがに向かい風に抵抗して膝がかなり痛くなって来たので、東海広場でちょっと休憩。
晴れの休日なのにあまり人がいません。ゴールデンウイークの喧噪が嘘のようでうす。



ここ、キレーなアスファルトの周回コースがあります。
楽しそうなので周回して遊ぼうと思いましたが、北風が強くて心が挫けたので1周でやめました。



そして何度もセルフタイマーでリトライして超イケてるチネリジャージ着用の図を撮影。
うおおおおおーーーーっ、かっこいいー自分!
モデルがジャージを引き立てています。

いやすいません、ジャージがモデルを引き立てています。
膝にサポーター付けてるから半ズボンの先が黒いのは気にしないでね(ハート)

リトライで十分休憩時間が取れたので北風吹きすさぶ背割堤を北上します。
うおー、向かい風パネーっす。
でもここはアウターで元気よく走ります。が、膝痛いです。
グライダー滑走路では風が強すぎるのか、離陸する気なさそうなグライダーが数機並んでいます。
で、ボーッと走ってたらBMCのおっちゃんにスイーっとさわやかな挨拶ととも抜かされます。
あらー、じじぃに負けとるぞ自分。いや、じじぃじゃ無くてただ老けてる若者だなあれは。
ということで自分のペースでのんびり走りますが、膝を気にしながら走っていた影響か、ケツがど痛いです。
向かい風なので下ハンでせっせと漕ぐけどケツが痛くてどうにもいけません。

とここで、鳴子必殺アームストロングクライム走法を試してみます。サドルの前にケツを挿す感じで身体をぐっと前にして、下ハン持つ手で体重を支えてケツの加重をほぼ無しにします。
するとどうでしょう、ペダルが面白いように回ります。向かい風をものともせずスピードは軽く35kmまで上がります。そして老けてる若者がみるみるでかくなって来ます。
が、一回抜かれた人を抜き返すのもなんか自分的にマナー違反な感じなので気付かれない距離を置いて追走。



いやーつかれたけど楽しかった。膝がもの凄く痛いのでワイルドネイチャープラザで休憩。自転車から降りるのが大変でした(^▽^;)
今日も風が強いけどみんな元気にバーベキューをしています。いいですね、やっぱりここは。

再び自転車に乗ると膝の痛みはかなり激しくなっていて、300kmブルベの時の痛み出した時と同じぐらいの症状になりました。
これは、整形外科で一回見てもらったほうがいいかもしれませんね。

そして家に帰って来たらもう曲げ伸ばしが満足にできません。湿布を貼って養生して火曜日にはツアーオブジャパンを自走で観戦できるまで復活させないと。
でも雨ならアナと雪の女王です。



今日は往路で一旦計測を終了したので2個に分かれてます。
微妙に100km行ってないし(^▽^;)
帰りは最高速度がきちんと計測されていますね。もの凄い速かったです68キロ。



これは帰りのログ。行きもほとんど同じ道を通るほぼ往復ルートでした。
しかし、帰りは風すごかったです(;^_^A

さあてでは、明日はまたゴシゴシ洗おっと。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ブルベ認定メダル


先日走ったBRM315BRM412のブルベカードと認定メダルが届きました。
完走後、オダックスジャパンからフランスのオダックスクラブパリジャンにブルベカードと一緒に送って、そこで認定を受けてから返送されるので届くのに結構時間がかかるようです。



こっちは300kmのほうのブルベカードとチェックポイントのレシート。ちゃんと送り返してくれるんですね。



完走するとプラス1000円でメダルを貰う事が出来ます。
せっかくなので両方貰いました。結構ずっしりと立派なメダルです。



200kmの方はブロンズっぽくて300kmはシルバーっぽい色合いです。400kmだと金なのかな?
すると600kmはプラチナかブラックか?
200、300、400、600を1年のうちに走るとさらにSRというメダルも貰えるそうです。
あとたったの1000km走るだけですね(´∀`)

いかん、考えるだけでどっと疲れが出て来ました(^▽^;)
まずは100kmぐらいなら逆立ちしながら走れるようになってからですね。

ツアーオブジャパン

来週美濃でツアーオブジャパンが開催されるそうです。
ロードレースを見た事が無いのでせっかくなので見に行こうと思います。

で、美濃和紙の里会館の駐車場が使えるような事が書いてあるけど、満車で入れないってことは無いのかな?
あとはせっかくなので自転車を持って行って適当に移動とか観光とかしたいけど、人がいっぱいで動けなくなるってことはないのかな?

仕事の委託先がスポンサーやってて、先日たまたま事務所に来たのでなんか知らないか聞いてみたけど、担当外みたいで良くわからないみたいでした。
ネットで観戦の情報を適当に検索してみたけどイマイチ良くわからないです。少なくとも車で移動して観戦ってのは無理でしょうみたいなQ&Aがあったので、自転車でうろつくぐらい大丈夫っぽいのかな。

なんか、レースコースを中野浩一と走ろうというイベントもあるみたいだけど、参加費1万円で30名限定とのことで、遅いと足切りされるそうだからもし参加できても確実に置いて行かれるので申し込みはしません(^▽^;)
レースコースは後日自主的に走る事にしましょう。

まあ良くわからないけど、全然だめだったら次回のためのロケハンとでも思うことにして、とりあえず自転車持って行ってみます。


なにかアドバイスや情報ありましたら教えてください(^O^)/



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ローギアが足りない Σ(・ω・ノ)ノ!

先日二之瀬と鈴鹿スカイラインに登ったエストラーダ号ですが、CAAD8に比べて随分軽いはずなのに二之瀬ではタイムは縮まらないし、鈴鹿スカイラインでは途中半ば蛇行しながらひーひー登るという結果に。

何かがおかしい。
CAAD8で行ったBRM412の青山峠やその後のアップダウンはルンルン走れたのに、どうして軽くなったのに坂がこんなに楽しくない??

スプロケの歯数はCAAD8が11-28Tでエストラーダが12-28T。
うーん、ギアの問題かと思ったけど違うか。


じゃなーいっ!!

フロント、チェーンリングがデカイに決まっとるじゃありませんか。
よし早速確認だぜ、てか、今更ですかって感じですがまあノリで乗るタイプだという事にしてそこはヨシとしましょう。



これがCAAD8のチェーンリング。50/34Tだそうです。メーカーはFSA、エントリーモデル用のお買い得品のようです。



そしてエストラーダのやつ。53/39Tです。メーカーはSRAM、REDなので高級ひ


39!?


さ、さ、さ、、さんじゅうk



そら重いわ。
そら重いけど、どれぐらい重いんだ?

てことで計算してみましょう。
で2つ以上数字記憶できないので表にしてみましょう。



ほうほう、なるほど。
スピードの速い方は青で塗った所です。さすがCAAD8は11Tだけの事はあって、チェーンリングの歯が3つ落ちてるにも関わらずこっちのが本来ハイスピード仕様のようです。
で、一番軽い組み合わせが黄色に塗った所で、なんとエストラーダのギアはCAAD8の1枚残しとほぼ一緒。そりゃ、一番軽くしてもるんるん登れないですわ、自分の脚力じゃ。
脚力と言うならば、自分は決して弱くはないと思ってるけどでも上りではハムスター並みの力しか出ません。

でだ、ですが、じゃあスプロケットどーすればCAAD8並みのゴキゲンなギア比になるか表をグワーって伸ばしてみた所、どうも32T無いといけない模様。

32、、、あと4個か。
これは、MTB用のギアか?

とりあえずいいの無いか調べてみるけどここまで歯数が多いとディレイラーも換えないといけないとか、見た目かっこわるいとか数々の越えなければいけない壁があるようです。

じゃあチェーンリングだぜとおもたら、
レッドのチェーンリング超絶高いんですけどっΣ(=°ω°=;ノ)ノ
しかしハイギアは今のままキープしたい、でもローギアはもっとゴキゲンな軽さにしたい。

さあ、どーすればいい?
ロード始めて10ヶ月の自分には何だか難しい課題だ。
しかーし、だ、出来ない、分からないとは決して言わないデキる男だからなんとなしないといけない。
しかしだからと言って色々買ってみて試すだけの貯金もない。
あー困った、困ったぞ。


そーだっ!!



まずは”9”を消して~~、



似た様なフォントで”4”に書き換えて~~~、



うっしゃーーーっ!!!
もーこれで坂など平地も同然だぜ。






(  ・`ω・´)






(; ・`ω・´)






:(;゙゚'ω゚'):






ヘ、ヘルプミープリーズ(汁)




にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

授業参観

今日は小学校の授業参観日です。
授業は図工と国語。図工は家で一生懸命下書きをしていて、自分の息子とは思えないぐらい上手に描けていました。
が、弟がマジックでおにぎりを描くというアクシデントが発生Σ(・ω・ノ)ノ!

呆然とするおにいちゃん
キレるお母さん
泣くおとうと

ということで酒を飲みながらゆっくりゆっくりおにぎりをペーパーで消しますが、
ツブツブはもう裏までしみ込んでいるので消去不可能。
しかし翌朝起きて絵を見たお兄ちゃんはとりあえず線が消えていて安心した模様。
ツブツブを活かしつつ模様を描いてなんとかリカバリーに成功しました。



学校までは自転車で行くけどさすがにロードバイクでは行きません。
エストラーダには部屋で朝日でも楽しんで頂く事にしましょう。



ということで、愛車ストリートクルーザーで出動。
コイツは駅までの通勤で行われた数々のレースで圧倒的な戦闘力を誇った無敵のマシーンです。女子高生にも、クロスバイクに乗った毛が少ないサラリーマンにも負け無し。活きの良い男子高校生はまあ泣くといけないから勝負はしてあげませんでしたが、とにかく無敗です。
iPhoneのGPS計測による平地最高速度で時速45kmを叩き出した超高速機なのであーるっ!

で、久しぶりに倉庫から出してみたら空気は抜けてるはタイヤはヒビだらけ、そしてハンドルはグリスが膠着してもの凄く重いという始末、とりあえずタイヤが破裂しないかヒヤヒヤしながら空気をパンパンに充填しました。

やはり重いし後ろ加重だけど、ちょっと踏み込むとグッと重厚に加速する感じはロードバイクとはまた別の趣があって良いですね。
サドルも革だしスプリングもあってとてもふかふかです。ちょっとぐらい重くてもこれ付けてブルベいったらすごい快適なんじゃないかと思ったりもしました。

いやいっそ、これでブルベか!?



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

池田山ヒルクライム! は、しません。


今日は朝から自転車の掃除をしました。
チェーンとスプロケットを外してゴシゴシ洗ってぴっかぴかです。



先日鈴鹿スカイラインでなんかギアが重く感じたのでギアの歯数を増やそうかと思って今付いてるやつを見てみたら、12-28Tです。

こ、これは!?

十分歯数多いですね(;^_^A
フロントインナーが歯が多いのか??
また今度確認しましょう。

で、ぴっかぴかで気分がいい自転車ですが、天気もいいのでちょっと自転車屋でも行く事にしました。
風が北西なので行きは北西に向かいたい所です。こっから北西方面に自転車屋が無いか探してみると、大垣にウエサカという店があるようです。
という事で、さっそく向かいましょう。



びゃーーーっと走ってソーラーアーク前を通過。若干向かい風だけど下ハンエアロフォームで時速30kmペースでぶっ飛ばします。いいねーエストラーダ、やっぱり速いです。



橋は怖いので歩道に入ります。橋に登る緩い坂はもはや平地のように駆け上がる事が出来ます。エストラーダのみならず、フルクラムもきっといい仕事をしている事でしょう。



どひゃーーーっと走って大垣競輪前で記念撮影。



そして目的地、ウエサカに到着。店内足の踏み場も無いほど雑多にいろんな物があります。うーんこれは、ゆっくり買い物できなさそう。悪くはないけど自分はイトウサイクルのようなスッキリ奇麗な店の方がいいですね。
掘り出し物があるかもしれないけどめんどくさいので帰ろうかと思ったけど、まだ時間があるのでせっかくだから池田山まで行く事にしました。
池田温泉を目的地にセットしたらここから8km、30分もかからず行けますね。



前方に見える山が池田山の模様。さっそく山カメラで調べようと思ったけど起動したらコンパスの調整になったので面倒くさいからやめ。



なんや、道の駅なんか作ったんかいな。
という事で目的地はここだったようです。
前回のサイクリングでもう坂は登らないと心に誓った矢先なので池田山には登りません。おとなしく道の駅で折り返す事にします。



到着。自転車スタンドがありました。いいですね~。
で、店を適当に見て回ったら、なんと小品盆栽が売っているではありませんか!
さっそく店に入って見てみると、結構悪くないな五葉松やらエゾ松やらが、なんか妙に安く売ってます。今度車で来て買って行こうかな。



ここで、山カメラを使ってみました。
おお、色々山の名前が出ていますが、裏側のやつを表にするのはどうすればいいんだ??
まあ、なんとなく山が分かるから結構いいですね。



で、せっかくなので同じ場所で山1000も使ってみました。

・・・。

なぜ共通する山が1つも出ないっ!

何故だっ!? ヽ((◎д◎ ))ゝ



さあでは帰りましょう。
行きの堤防沿いは車が多くて走りにくかったので対岸に行ってみたら車が入れないいい道でした。道幅は狭いけど奇麗に舗装されていて、緩やかな下りの追い風のため時速40kmで疾走。いやーすばらしい道です。川は水深が浅くてきれいだし、最高の道でした。
が、途中からとんでもなく狭くなって突然路面も荒れ放題の所に高速で突っ込んだのでタイヤがバーストするかと思ってヒヤヒヤしました。
どうも、この道は別の川が合流して行き止まりになるようで、そこらは整備されずにほかってあるみたいです。
でもまたその先の堤防も車両進入禁止ではないようだけど、メイン道路が西側なので車もいなくて走りやすくてよかったです。



いやーしかし今日は暑い。途中でMTBに乗ったアメリカ人とブラジル人がいてしばらくおしゃべりをしたけど、やはり彼らも暑いらしい。
ということでコンビニでガリガリ君キウイ味を食べてクールダウン。もう4時も回ってるけど気温が高くなりましたね。



で、そのコンビニの目の前で軽ワンボックスが横向きになっていました。別の軽四と出会い頭でぶつかってひっくり返ったようですが、どちらのドライバーもケガは無かったようなのでとりあえず良かったですね。

帰りは狙った通り追い風基調です。
特に国道21号は背面からかなりいい風が当たってアホみたいにペダルが軽いです。
アブアブアブアブ言いながらダンシングで漕ぎまくって、遂に時速50km以上で疾走、実に気持ちがいいです。
21号で信号のタイミングを活用しながらも車より速く移動できるとは驚きでした。



こんな感じのほぼ往復ルートを走って来ました。
帰りの21号から羽島までの10kmスプリットでは平均時速30kmをマーク、とにかく今日は走れました。追い風っていいですね。
あとは、車が信号の度に追いつくのでそいつを目標に追いかけまくったのも平気速度が上がった要因だと思います。
たまには坂なしでスピードアタックも楽しくていいですね。



ところで、今日キャノンデールを掃除し終わって置いておいたら、奥さんが乗ると言い出したので近所を軽く乗らせてみました。
まだ怖くてギアチェンジが出来ないとか、止まる時に右足から付くクセなどがありますが、いちおうふらつくこともなく乗ってます。



デカイCAAD8のはずですが、ドライバーがデカイだけに違和感ありません(笑)
本人は「でも黒いからな~」とか言ってケチをつけてますが新しい自転車が欲しいという事か!?

近所をちょろっと走っただけだけど、何となく感覚はつかめたようなので次はギアチェンジにチャレンジですね。
ケツが痛いと言ってたのでサドルを上げれば加重が分散すると言ったら、たしかにもっと高くても大丈夫そうだと、いつもの気まぐれ具合からは想像できないほど前向きですw

これは、完全に弱虫ペダルをこじらせてますね(^▽^;)
もー、買うか、サーベロとバッグ。

買うのんか!?


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

弱虫キーホルダー

奥さんの弱虫ペダルブームが過熱中。
トムスショップにキーホルダーがあったと、なにやら意味不明な事を言い出したのでなんのこっちゃと思いながら見てみると、自転車の絵にゼッケン番号が付いたキーホルダーでした。

で、欲しいの?と聞くとアンタも欲しいでしょと、とりあえず人のせいにして買おうとしてます(^▽^;)



で、新カァイ君のサーベロです。
相当新開ファンのようです。



ちょっとしたキーホルダーかと思ったら、かなりでかいラバーでした。デカイめんこぐらいのサイズです。
自転車は結構細かい所まで作り込まれています。さすが、無駄に高いだけの事はあります。
で、奥さんは新カァイ君が出てくる所の巻を何回も読んでいます。

さ、さーべろほんとに買う気か?? (((( ;°Д°))))




で、自分も買わされました。
御堂筋翔くんです。いいですね~、ステキな色合いです。



あきらくんのデ・ローザ、しっかり再現されています。
カンパニョーロのG3スポークもいい感じですね。


しかしほんと、デカイです。
もうちょっと控えめなサイズだと思っていたので届いて驚きましたが、奥さんはカバンに付ける気満々です。というか、付けるのにいいカバンが無いから買うとか言い出してますが Σ(=°ω°=;ノ)ノ

サーベロ + カバン = 小遣いダウン!? (°Д°;≡°Д°;)ヤバクナイカ?



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

ワイルドネイチャープラザ バーベキュー


今日は大学時代の友人とバーベキューをして来ました。
昨日の予定だったけど雨予報だったので中止の連絡をしたところ、今日なら空いてるということなのでじゃあやるかってことで、朝晴れていたら場所取り行って連絡する事にしました。

で、晴れていたので家族は後発隊として、自分は友人に出動の連絡をしてエストラーダでワイルドネイチャープラザへ向かいます。
そして現場に7時40分に到着。場所取りは8時開門まではしてはいけない事になってるし、車で開門待ちで並んでいる人もいるので自分も園内をぐるぐる自転車で走り回って開門を待ちます。



だれもいない園内がこの後人で溢れ返る事でしょう。時々シートを持って場所取りをしようとする人が来ますが、警備員さんにまだダメよと言われて戻って行きます。きちんとルールが守られていていいですね。



のんびり園内の周遊コースをるんるん走り回っていたら8時前だけどすでに開門していてどんどん車が入って来ています。
おっとっと、出遅れたぞと思ったけど何しろ広い公園なので場所はいくらでもあります。今日はしっかり晴れそうなので昼過ぎに日陰になるポイントにシートを広げて場所取り完了。
ということでまたエストラーダで園内を走り回って本隊の到着を待ちます。



本隊が到着。荷物がたくさんあるので場所を駐車場から近い別の木陰に変更してさっそくタープとテントの設営を開始。出来上がったので火でも点けて焼きおにぎりでも食べようかと思ったら、早くも友人到着。いつもは昼頃にしか来ないのに今日はやけに気合いが入っています。

とここで衝撃的な事実が発覚!

なんとうちも友人宅もウインナーを持ってくるのを忘れたらしい。
オーマイゴっ!、ウインナーないと子供達のメインはどーするのよ。仕方ないのでもう1人に連絡してウインナー余分に買って来てもらおうと思ったらもう1人も到着。いつも昼過ぎにしか来ないのにどうしたその空気を読まない気合いは!?
でもウインナーは、持って来たそうだ。グッジョブ!
しかし、シャウエッセン6本。。。

子供が5人なので仲良く1本ずつ食べました。

で、あとは普通にバーベキューをしたんだけど、今日はやたらと風が強くてタープがバタバタ暴れまくります。風の方向の予測が外れて一番風を受ける角度になっていたのでなおすごいです。
で、ずっと風が強く吹いているせいで寒い寒い、あまりに寒いのでみんなテントの中に逃げ込む始末です。で、木陰を選んだので陽が当たらなくて寒いだけという残念な状態に(^▽^;)
タープはバタバタ鬱陶しいし日陰はいらないので格納しました。



向こう岸のどっかで火災発生の模様。黒煙がこっちまで来てました。
風が強いから余計燃えてるのかな。大事ないといいですね。

ということで久しぶりのバーベキューは晴れてたけどずっと風に吹かれて寒かったです。
周りにでかいタープが沢山設営されていた事だし、ランドロック持ってった方が良かったな今日は。
しまうのめんどくさいけど。



にほんブログ村 アウトドアブログ バーベキューへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ オートキャンプへ
にほんブログ村

山の名前

先日サイクリング中に、「あの山がこれからいく所かな?」とかいう話題になった物の、山の形を見てもどれがどの山なんだか良くわかりません。
そのうちiPhoneのAR機能でカメラをかざすと山の名前が表示されるのが出てくるんじゃないでしょうかね~などと話しながらサイクリングして来たのですが、落ち着いて考えてみたらもう既にそんなアプリあるんじゃないかと思って早速探してみました。

ありました(^∇^)

とりあえずざっと見つかった中で良さそうなのは以下の2つ。

山カメラ。

AR 山 1000

試してみた所、見た目の格好良さでは山1000の方がいいと思うけど何かずれます。
山カメラの方は縦モードと横モードが使えて、縦モードは地図が表示されて向いている方向もわかるのでこっちの方が使えるかもしれません。



山カメラを部屋の中で使ってみました。
縦モードではこのように上画面にカメラの映像とそれに合わせて山の名前が、下には地図と登録されている山のアイコン、向いている方向が表示されます。
ちょっとインターフェースがApple用らしからぬダサさではあるけど視認性は良いですね。これさえあれば概ね遠くに見える山が何か分かりそうです。


で、奥さんの最近の弱虫ペダルへのハマり具合が加速しているようで、遂にサーベロが欲しいと言い出しました。新カァイ君が乗ってるからだそうですが、えーとそれは確か高いヤツじゃなかったっけ。
そしたら今度はリドレーに女性向けモデルがあるらしいとかなんとか、ネットで調べて来ました。
山神東堂くんのやつだよね~、ビューティーだしね~とか言っています。
えーと、身長170cm近くあるので女性用じゃなくてもいいのではないでしょうか。



ということでCAAD8のシートをぐっと下げて前に出してハンドルもいっぱいまで上げて跨がせてみました。
結果、サドルに座っていても両足がしっかり地面に付きます。余裕じゃないの。
しかしさすがに限界までサドルを下げただけの事はあって、もはやハンドルの方が上にあります(^▽^;)
上半身が短いのでちょっとハンドルが遠い感じですが、まあ何とか乗れそうです。
とりあえず最初はこれで練習して慣れて来たら徐々にサドルを上げて行くと良いでしょう。しかしただでさえデカい嫁が自分よりデカイ自転車に乗ったらもう相当デカく見えるでしょう(;^_^A

しかし、若干音痴でビビリなので試走したらすぐにやめるんじゃないだろうか。
それを考えると、1台買って後に引けない状態にするのも手だけど、サーベロではないナニカを探さないといけませんね。

峠チャレンジ 二之瀬〜鈴鹿スカイライン


今日はsuzutakaさんとチネリお披露目サイクリングとして、二之瀬を経由して鈴鹿スカイラインを登る峠2個攻略コースに行って来ました。
朝7時に名鉄萩原駅付近で待ち合わせしてまずは二之瀬に向かいます。
膝痛が出ないように今日は脚にバンテリンサポーターを着けてきました。ちょっと窮屈だけどまだ寒いから防寒にもなるし良いですね。
身軽に行きたかったけど、まだサドルポジションとか微調整しないといけないのでツール缶は結構重くなりました。
オルトリーブのバッグはこの後鈴鹿スカイラインで合流するtenyuさんから本をいただく予定なので付けて来ました。ウインドブレーカーやサポーターを入れる事が出来たので付けて行って良かったです。



二之瀬へ行く時は東海大橋経由で行ってたけど、suzutakaさんが設定した道は走りやすくていい感じです。しっかり覚えて今度から1人で来れるようにしておこう。



朝は冷え込んだけど天気はよくて、走っているとだんだん暖かくなって来ます。
ウインドブレーカーも着ているので身体が温まって来ました。二之瀬を上る時はウインドブレーカーとサポーターはバッグに入れて30分切りを目指します。



さあでは本日1本目の峠、二之瀬アタック開始です。
前方にお尻がプリップリの女性がなんだかすごそうな自転車を準備していますので、出来るだけ早めに出発して追い抜かれないようにしましょう。

カーボンモノコックの超軽量フレームを手に入れた俺様には二之瀬程度の峠など平地も同然です。さいしょの平坦区間は。
ちょっと上りにさしかかると途端に前に進まなくなります。いざという時のために取っておいたインナー最後の1枚をスタート後5分で使用、さあこの後どうなる?



後ろから迫り来る影のプレッシャーに押しつぶされそうになりながらトンネルを通過。



途中ジャイアントに乗ったジャイアントな人に抜かれたので気合いで2秒ぐらい追いかけたけどすぐにいない人になりました。
それでもダンシングなんかも織り交ぜながら超絶なペースで山頂に到着。やったぜ軽量フレーム。



そしてタイムは28分32秒。

・・・。

あれ?CAAD8の時と変わりませんが(^▽^;)
どうやらフレームが軽くなったところで峠を登るのは速くならないようです。やっぱりエンジンを鍛えないとだめなんですね。いやー、これってひょっとこして無駄に体力を消耗しただけでは?

そしてよく見るとプリプリお尻が目の前に。
まったく息が切れていません、ベンチに座りもしません、なんとゆう剛脚Σ(=°ω°=;ノ)ノ
多分あの人この後何回か上るんだろうな、いやーすごいですね。



上でちょっとトイレ休憩等をして四日市組との待ち合わせ場所を目指すため裏二之瀬を下ります。
ちょっとしたアクシデントで一旦山頂に戻ってまた下ってサークルKでコーヒー&軽食タイム。
カツサンドを頂いてラインのグループメッセージで現在位置を報告、あちらも全員揃ってランデブーポイントを目指して出発するとの事です。
さあではこちらも向かいましょう。



サークルKでは随分遠くに見えていた目的地方向と思われる山がしっかり見えて来ました。
いやほんと天気が良くて良かったです。明日は雨所により豪雨だそうですから、今日がまさにサイクリング日和ですね。



明確な合流地点は決めてなかったけど、鈴鹿スカイライン山麓付近に到着してtenyuさんの現在位置を確認すると、やや後方をこちらに向かっているので現在位置で待機すると連絡して日陰で待つ事にしました。



そして数分後、四日市組と合流成功。
tenyuさんとイトウさん、そして今回初顔合わせのMATさんです。
みなさんしばらく登って来てお疲れかと思いきやすぐにスタートする気満々です。こちらはまだ休憩モードですが^^;
ドリンクが切れていたのでちょっと上がった所の自販機まで走る事になりました。そして随分登って自販機につきました(;^_^A



さあでは鈴鹿スカイラインアタックです。
一瞬にしてインナーローにして何とか登ります。この時はみんなの姿見えてたんだけどな~。

鈴鹿スカイラインは二之瀬に比べて距離は少し長いだけだけど、斜度がキツいです。そして緩くなるポイントがほとんどなくて大変です。
前にはイトウさんとMATさん、少し遅れてsuzutakaさん、そして自分の後ろにはtenyuさんというフォーメーションです。イトウさんとMATさんはもはや自分の記憶には登っている姿はありませんw
suzutakaさんには頑張って付いて行ってたけど、徐々に離れて行ってマメツブになった頃にはすでに戦意消失、止まって休憩でもするかと思ったけど後ろからtenyuさんのアツい監視があるので止まるに止まれません(@Д@;
そしたらモーレツな空腹に襲われたのでちょっとマシな斜度の所でトップチューブバッグに入っていたカロリーメイトを食べますが、口の中がバサバサになってドリンクを飲もうにも斜度がキツくてその余裕がありません。でもなんとかマシな斜度の所でぐびぐびドリンクを飲んでここで完全に飲み干しましたヾ(@°▽°@)ノ



なんとか止まらずに登頂成功。立っているのがやっとの状態で渾身の笑顔で写真を撮ってもらいます。うーん、俺様のチネリかっこいいな。青のタイヤもこうやってみると悪くないですね。サドルバッグは無い方がかっこいいかなー。ていうか革のサドルめっちゃかっこいいけど尻は痛くなります。でもかっこいいから我慢できます。



ちょっと下った所で皆さん待っていてくれたので適当に記念撮影。イトウさんとMATさんは平地でも走って来たかのように余裕です。



もう坂は登らないと心に誓い、昼食会場を目指して下ります。この峠は下の道がよく見えるポイントがあってなかなか眺めがいいです。自転車登って来てますね。えーい、変態どもがっ。

下りは実に快適です。スピードもよくでますが、減速帯の振動が徐々に身体にダメージを与えて頭が痛くなって来ます。なので道の端っこをできるだけ走るけど落ち葉で滑りそうで怖いですね。
で、なんかチンタラ走る車が邪魔で思うように下れません。
業を煮やしたMATさんが左からぶっちぎります。おー、スゴイ。
そしてその後のMATさんの突撃は圧巻です。
こ、これは、高速戦艦のようだカッコイイо(ж>▽<)y ☆
平地でも風をモノともせず時速30キロ以上で引っ張ってくれます。スゴイです。



そして本日の昼食ポイント、カレーうどんの福村屋に到着。何かすごい車の数です。
待ち時間が30分程度との事なので迷う事無く待つ事にします。これ食べるために今日はこっちに来たわけで、峠はおまけですからね。え、ちがう??
30分などお話ししてるとあっという間に過ぎるはずです。
そしてあっという間に順番が来ました。



カレーうどんのメニューは「カレーうどん800円」か「エビカレーうどん1000円」です。そして大盛りは200円増しとの事なので自分とsuzutakaさん、イトウさんはカレーうどん大盛り、tenyuさんとMATさんはエビカレーをオーダー。
いやー、実にうまい。量も沢山あって疲れきった胃にはかなり刺激的な量でした。しかも喉がカラカラだったので水も大量に飲んだのでもうお腹はぽよんぽよんです。
食べて休憩して元気いっぱいになったはずなのに、食べるのに体力を使ってなぜか疲れています(;^_^A

さあではここで四日市組のみなさんとはお別れします。
2度と峠は登らないと今日心に決めたので、こんど獲得標高10メートルぐらいのブルベを探して一緒にいきましょう!



その後は平地オンリーと思ったらそこそこちょっとした峠的な道がありましたが、まあ峠じゃないのでまだ決心は揺らいでいません。
で、多度大社に入ったらなんか交通規制でどえらいぎょーさん人がいます。何事?



上げ馬神事でした。かっこいいんだよねーこれ。



この後コンビニがなくなるので最後のコンビニでドリンクを補給していざゴールを目指します。
木曽三川公園が見えて来ました。もの凄い人の量で大変な事になっていました。駐車場もどこも満車です。やっぱこういう時は自転車ですね。



木曽三川の背割を北上します。今日は南西の風が結構強く吹いていて、この区間は天国のようでした。あまりに快適に進めて陽気もいいしお腹も満たされているので眠くなる始末、いつもこんな風にほんわかサイクリングができたらどんなにか良い事でしょう。

最後に萩原の華丸ラーメン屋の場所をsuzutakaさんに案内してそこでお別れします。
そして家に到着、子供達が泥だらけになって帰って来た所だったので一緒に風呂に入ってくっさい汗を洗い流してリフレッシュ。心地よい疲れで楽しく走れました。
しかし、随分疲れてるけど300kmどうやって走ったんだろ?
なんかもう2度と走れないような気がしますが、まあ出走すれば何とかなるでしょう。



本日の結果。距離も多くもなく少なくもなく絶妙なコースですね。膝痛は出たけどロキソニンに頼る事無くインドメタシンとサポーターでなんとかやり過ごせました。
最後のコンビニでもういいだろうと思ってサポーターを外したら、その後ちょっと変なペダリングをすると痛くて大変でしたが、サポーターの効果が良くわかってそれはそれで良かったです。
奇麗なペダリングをすると痛くなかったのでちょっとしたペダリング矯正膝痛でもあったし。



高度と心拍数の関係を検証してみましょう。
最初の山が二之瀬、2個目のが鈴鹿スカイライン、最後のチョットしたヤツが峠とは認めない坂。
二之瀬の上りは最初から心拍が上がって登頂まで真面目に登っている様子が伺えます。一方、鈴鹿スカイラインは最初から乱れて山頂付近ではもう投げやりになっている様子が見て取れます。これが坂登らないの誓いの効果か!?
ちょっと二之瀬でハリキリすぎましたね。

何はともあれ、一緒に走ってくれたsuzutakaさん、tenyuさん、イトウさん、MATさん、今日はどうもありがとうございました。
沢山一緒に走れる人がいると一緒に走った人の分だけ楽しくなりますね。
さー勢いで次はどの坂攻めようか。
いや違った、坂は行きません。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05