Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

フルクラム レーシング3


ついにイギリスから届きました。もうちょっと時間かかるかと思ってましたが注文から1週間ぐらいで届きました。なかなか仕事が速いですね、CRC。



とりあえず持ってみた所やっぱり軽い感じです。フロントホイールは中に削りカスか何か入っているようで、カラカラ音がするのがちょっと気になりますがまあヨシとしましょう。



リアはかっこいいですね~。カンパニョーロのG3組みスポークは抜群にかっこいいと思うけど。こちらのはそれを少し開いた感じのパターンになっていて、さりげなくかっこいい感じが気に入りました。



なんかおまけでスポーツドリンクの粉が何個か入ってました。来週晴れたら試走がてらこいつも試してみて良さそうならブルベに持って行こうかな。



さっそく付け替えてみましょう。フロントホイールも比べるとスポークの数が随分違いますね。この状態で持ってみるとR500の重さが良くわかります。これだけ軽くなれば効果は実感できそうです。



フロント換装完了。タイヤとチューブは違いを体感できるように付いていた物をそのまま付け替えました。



ハブが白ってのはなかなかいいですね、汚れそうだけど。
で、ロゴが全部シールでハブまでシールというのは若干安っぽい感じが^^;
でもまあ、汚れたり破れたりしたら新しいシールに付け替えれば新品気分になれるということで、まあこれも悪くないかなと思います。
ところでホイールの向きはハブのロゴがこっち向きが自然かと思ったのでこの方向で付けましたが、なんかリアホイールは逆向きになってるのでほんとはこっちも反対なのかな?
というかホイールって向きあるのか??高級品だとあるのかな?



リアも換装完了。おーかっこいい。これはいい。車格が1つばかり上がったような気がします。
ちょっとリアのフリーが重い感じがするけど、まだグリスが固いのかな?あるいはバラしてグリス塗り替えた方がいいのかもしれないけど、まずは試走して考えるとしましょう。
スポンサーサイト

オルトリーブバッグ ネジ交換


先日のブルベで初めて使ったオルトリーブのサドルバッグLですが、2点気になる事がありました。
まず1つは多くの人が言っている、中の袋ナットがやたらと大きい事です。
これのせいで容量が結構小さくなっているという話も見られますが、さすがにそこまで容量を圧迫するサイズとは思いません。しかしながら、出っ張ってるので、パンパンの状態で物を出し入れしようとすると引っかかって使い辛かったです。
でもう1点は、中にある樹脂製のフレームのエッジ処理がまったくされていなくて、2回も指の皮を削って出血したことです^^;
バンドエイドを持っていたから良かった物の、そのままだと手袋の中が血だらけになる所でした。

ということで、ネジ変更とエッジ処理をしました。
ネジはネットの情報からすると M4x10の超低頭ネジが良いとの事。で、リーチがぎりぎりなのでワッシャーは付けずにネジロックなどで対応しているらしい。防水性に不安はあるけどとりあえずやってみましょう。



ちなみに元から付いてるネジとナットはT15トルクスと12mmスパナ等で外せます。



外したのでエッジをペーパーで処理します。ビニールテープでガードしようかと思いましたが、夏場の熱でべたべたになるだろうし、荷物を出す時にはがれるのは目に見えているのでやめておきました。
ピントが工具に合っていたので写真では様子が見にくいですが、丸めてすべすべになったのでもう指の皮を削る事はないでしょう。



これまた写真では分かりにくいけど、元々これぐらいエッジがシャープに立っていてしかも表面もバリだらけです。切り出し後何も処理の工程をかけていないと思われます。ドイツらしからぬ手落ちですね。



超低頭ネジを内側から入れて留めます。これは、引っかからなさそうでいいですね。



で、表側をナットにして締めてみますが、10mmだとまだ余裕があるのでややもするとスプリングワッシャーが入るんじゃないかと思いますが、手元にM4ワッシャーが無かったので今度買ってきて試してみます。
正直このままでは防水性はまるでダメそうです。ホットボンドで封をしようと思いましたが、せっかくワッシャーが入りそうなのでまた後日、ワッシャーを入れてから防水対策をする事にします。

そうそう、ホイール発送されて、現在位置は イギリスの国際ハブでForwordde to exportになりました。まもなく飛びそうです。つかもう飛んでて次のステータスが日本到着になってるかもぐらいなのかな?

ステップアップホイール 〜落ち着いて検証編〜


ていうか、なんか「承認」てボタン押しちゃったみたいです(^▽^;)

あはは、あははは、

掃除

マイコプラズマのやろーはしぶといですね。呼吸が苦しいのがなかなか治りません。

がしかーしっ!

自転車でも掃除します。



やはりチェーンソーオイルはゴミをたくさん拾っていけませんね。

がしかしだっ!

頑張って掃除します。ということでスプロケ外してアリエール水でチカチカに洗い落とします。
スプロケも交換しようかなー。でも今度のブルベは上りはそれほどキツくなさそうだからまたこんどでいいかな~、などと考えながらゴシゴシ磨いて完了。

チェーンもアホみたいに汚れてるので洗おうと思ったけど、これは外した方がいいか?
ミッシングリンクっぽいのが付いていたのでなんとか外そうとあらゆる手段を試みるも微動だにしません。これは、ミッシングリンクに似せた別の物か?
と思ったけどKMCの刻印もあるし、他のあらゆる刻印も先日買ったミッシングリンクと全く一緒なので同一製品と見るべきでしょう。

で、押したり引いたりしているうちに、リンクを両側から指でつまんだら何かちょっと幅が狭くなったような気が??
気のせいではありません、ちょっと狭くなってピンの部分が動いてます。で、チェーンをぐっと寄せてみたら見事リンクが開放されたではありませんか!
おーなるほど、こーやって外すのか。工具いらずで便利ですね。



では遠慮なくチェーンもアリエール水で洗います。コマの中の汚れも落とすためにしばらく浸け置き洗いしてブラシでゴシゴシして結構奇麗になりました。



スプロケもぴかぴか、ディレーラーから何からチェーンが無くなって掃除しやすくなったからピカピカです。こんなに手軽にチェーンが外せると掃除するのが楽しくなりますね~。

ということでまたチェーンソーオイルを塗り広げたので次回のブルベ後は真っ黒になることでしょう(^▽^;)
てか治るのか、肺炎??

どうなの先生っ!?

ステップアップホイール 〜欲しい編〜

いやー寒い。そして肺はまだ不調で息が苦しい。
ということで今日はお仕事をすることにしました。システムを1つ今月中に作って現場にセットアップしなきゃいけないので結構焦ってますが、まあ、何とかなるでしょう。で、この連休で作ろうと思ってますが、さすがに機材全部は持って帰って来れなかったので、今手元にあるのはサーバ用に使うウインドーズのノートパソコンだけです。他の機材の設定はどっちにしろ現場合わせでしか出来ないのでとりあえずシステム本体だけ作っておく事にしましょう。

で、ウインドーズもろとも抹消してやろうと思ったけど、そろそろシステムの保守を現場の担当者が出来るようにしたいので、いざとなったらウインドーズも起動できるようにパーティションだけちょん切って作る事にしました。
あとはシステムが大量に映像を保存するのでオーバーフローでシステムが止まる事が無いよう保存用のパーティションを独立で作成、しかもntfsで作ってあげたのでウインドーズからも見る事が出来ます。うーんいい感じの予感。

ではubuntuをサクッとインストールしてとりあえず我が家のローカルネットワークでSSH出来るように設定。



そしてサクッと完了。ということで以降の作業はMacでします。なぜかというとMacの方が好きだから。でもubuntuもよく出来てると思います。



libavとかダウンロード&インストール。apt-getコマンドは便利でいいですね。FreeBSDばかり使ってきたけどLinuxも昔の事を思うと随分良くなりましたね。特にこのubuntuはデスクトップもよく出来ていると思います。

で、ごにょごにょいじって大体システムは完成。あとはプログラムの記述を現場の環境に合わせて書き換えないといけないけどまあそこは現場合わせでいいでしょう。
あっという間にできる作業なのに、ウインドーズが勝手にアップデートしたりするもんだから待ち時間でコーヒーを大量に飲む事になりました。やっぱ抹消してやれば良かったとさんざん思ったけど、残しておいたからメンテを現場に任せられるから我慢した甲斐がありそうです。

さて、仕事も1個片付いたことなので来月のブルベ300kmに向けて色々準備始めようと思ったけど、ふとそういえばホイールってどんなもんで買えるんだろ?と思って調べてみました。
で、お値段とのバランスが良さそうなホイール2個まで絞りました。

候補1:Campagnolo Zonda
候補2:FULCRUM RACING 3
あとはシマノの何かが比較対象になってるみたいだけど何となく舶来物の方が所有する満足感がありそうな気がしたので却下しました。
あと、クリンチャーもチューブレスも使えるのがどっちもあるけど、予算の都合でクリンチャーのみの方を考えてます。

ん?考えてます??

いやいや、まだ買おうかどうか考え中の段階でした、先立つ物が無いので(;^_^A
で、今のホイールはシマノのR500。完成車用のとりあえずホイールとのことですが、別に不満はないです。が、重いらしいとのことで、ホイール換えると300kmでちょっとはラクになるんじゃないかと思ったわけです。
さっそく適当に検証してみました。



クランクとかまったく無視してタイヤが回る回数だけ計算。
たしかにR500って重いんですね。ZondaとRacing3は大体同じぐらいの重量みたいです。
で、1回転で進む距離は何となく直径680mmで計算、それで300km走るとタイヤは14万回転ぐらいするようです。
では重量差を回転数とかけてR500との比を出すと、大体8割ぐらいということで、240kmの力で300km走れる計算になりました≧(´▽`)≦

・・・。

なんか、どーやってちゃんと計算するんだろ。
というか途中の値を見て分かる通り、最終的に出てるR500比は重量比そのものなんだけど、「重さが8割です~」と言うより「14万回も8割の力で回せます~」って言った方が有り難い感じがしますね。
まあぶっちゃけの所、なんか良くわからないけどこの2つのホイールの見た目がかっこよさそうだから欲しいな~と思ってるだけです。
ZondaのG3組は分かりやすい格好良さが魅力だけど、Racing3のリアもよく見るとなんかかっこいいし、これを見てるとむしろZondaはやり過ぎな感じにも思えてきます。

ということでポパイに実物を見に行ってきました(´∀`)

ゾンダはなかったけどユーラスがあったのでまあイメージは一緒でしょう。思った通りかっこいいですが、スカスカなのでリアが軽く見えなくもないですね。フルクラムの方は自転車に付いてなかったので良くわからなかったけど、見た感じ派手さは無いけどじわりじわりと格好良さが出てくる感じで、どちらかというとこっちのが好きです。
ただ、人気はゾンダみたいですね。まあ、人気だからそこら中で見かけるからゾンダを避けたいというのもありますが(^▽^;)

で、入荷どれぐらいか聞いたら2ヶ月ぐらいかかるとの事なので次のブルベにとても間に合わないからボーナスが出たらまた検討する事にします。

AR中部BRM412エントリー

AR中部のBRM412にエントリーしました。サブタイトルは「AKM48」、ひょっとして、赤目四十八滝ですかこれは^^;

すいとぴあ江南を出発して名張まで行って帰ってくる300km程のコースです。コースはまだ確定じゃないけどすでにルートラボでそれっぽいルートが作成されていたデータからすると、往路は最大標高差318mで上り合計は1200メートル程、帰りは標高差475mで上り合計は1350メートル程のようです。
まあ、よくわからないけどBRM315に比べるとちょっとは緩やかなコースなのかな?

今度は300kmで制限時間は20時間、途中で眠くなりそうな気がするけど仮眠とかするのかな?
とりあえずこの前のブルベはマイコプラズマ肺炎を潜伏させていたみたいだけど引っ張ってもらいながらもなんとか時間内にゴールできた事だし、体調と天気さえ悪くなければ完走できる気がします。

で、あと1ヶ月程ということなので前回の反省点を踏まえて装備品を検討する事にしましょう。
とりあえずiPhone用のバッテリーをもう1本買う事と、コマ図の視認性向上、荷物の量を減らす算段をする事にします。

しかし、なんかやたらと息苦しいけどマイコプラズマってどれぐらいで治るんだ??

マイコプラズマ肺炎

月曜日会社から帰ってきてから熱が出てきたのでさっさと寝たけど火曜の朝は37.5℃の熱があったので午前中休んで病院に行く事にしました。

で、インフルエンザの検査とか血液検査とかしたらどうやらマイコプラズマ肺炎だそうで、もうちょっと熱が上がってきたらまた来てね~と言われて薬もらって帰ってきました。
で、午後出社しようと思ったけどまだ熱が下がらないのでやめてひたすら寝て過ごす事にしました。

そして今日、朝起きてもまだ37℃熱があります。うーん微妙~。
仕事がアホみたいにたまってるし今日は労組との話し合いに行かないといけません。なんとか行くぞーと思い準備したけど、動くに連れてふらふらしてきたのでやっぱやめ。労組対応は次長にお願いして休む事にしました。

あー、2日も休んでもーた。
連休は仕事か??
いっちょめんどくさいサーバ構築&プログラム作成があるけどそれは家でも出来るから、とりあえず明日はリモートで接続できる状態までサーバを作って連休はお家でお仕事ですね。
その他のもろもろは、、来週朝から晩まで働いて片付けるとしましょう。しかしまた来週も労組との話し合いがあるんですがorz
ま、それも仕事だし話し合ってお互いに納得できるようにする事が何よりも大事だからいいんですが、移動のために15時に会社を出てその日は直帰するとして、移動が無ければ21時まで仕事をするとすれば6時間の作業時間ロストです。休日1日分出なくてよくなりそうな時間だから痛いことは痛いですね~(;;)



いいね~、眺めてるだけで治った気がします。

AR中部 BRM315

昨日はAR中部主催のBRM315を走ってきました。


ルート詳細

愛知県江南市を出発して上ったり下ったりしながら標高900メートル程の長野県平谷まで行って帰ってくる204km程のコースで、上り合計約3000メートルのコースです。まだ山は二ノ瀬しか上った事がないけどさあこの山岳ブルベを完走できるのか?

ブルベ当日、朝4時30分に起床。前日送別会で飲まそうと思って逆に飲まされたけど、ビール2本と焼酎1瓶ぐらいしか飲んでないので残留感はそこそこです。子供の風邪がうつって体調は絶好調ではないけど喉が痛いぐらいなので問題無し。先週小牧まで走った帰りの向かい風でダメージを受けた膝は毎日湿布貼ってたのでだいぶ痛みは治まっています。まあ、なんとかなるでしょうということで準備して出発。

そしてこのとき既にマイコプラズマ肺炎に感染していたらしい。なんか空気が薄く感じたのは高度のせいではなく肺機能の低下だったようです。



スタート地点のすいとぴあ江南に6時前に着いたけどもう結構来てます。



ということで自分も準備します。初ブルベなので重装備です。輪行袋が重いけどこれだけは降ろすわけには行きません。補給食もPC間にあまりコンビニがなさそうなので多めに持って、結局カロリーメイト4本、羊羹3個、ウイダーインゼリー2個を搭載、膝の痛み対策にエアーサロンパスと湿布など、サドルバッグはぱんぱんに入ってます。山を上るとは思えない重量感ですが、なにしろ初めてなので何がいらないか分かりませんので色々搭載して行きます。



受付してブルベカードもらってきました。なんかこれから走る感が盛り上がってきました。



間もなく出発前のブリーフィングです。というかトイレを済ませておきましょうということで、トイレ行って帰ってきたらブリーフィングが始まってましたw
行きは基本上りで帰りは下り基調なので、行きに体力を温存しておく作戦も有効でしょうとの事で、とにかく道の駅平谷までたどり着ければなんとかなりそうな予感で勇気づけてくれます。が、そうでもなかったんですが(;^_^A



では出発。
今日は先日来お世話になっているsuzutakaさんも参加されています。さっさと行きましょうってことで先頭集団に乗っかって行きます。自分も余裕の絶好調で、出発前の喉や膝やアルコールの不安はまったくの杞憂であったようであります。余裕だぜ。
しかし、ランタスティックのルート表示の設定がうまく行ってなくて経路が表示されていません。ちょっと困ったけどここで早速バックアップ用のコマ図が役立ちます。これは、便利ですね。正直こんなに使える物だとは思っていませんでした。



さすが先頭集団、速いです。しかし自分も余裕です。いいペースでどんどんマージンが稼げるしなんかラクチンなので完走が見えてきます。



そして1時間10分でPC1に到着。さすがに少々疲れてきましたが、まだまだ行けます。ランタスティックの表示を直してPC 2に向けてさっさと出発します。
で、調子良く走っていたけどここからはアップダウンの繰り返しになります。すると信号待ちからのスタートでsuzutakaさんとの間に1人別の人が入ったのでありがたく付いて行っていたら、思いのほかペースが遅くてどんどんsuzutakaさんと離れて行きます。これはいかんと思って前に出ようと思ったけど、ちょっと無理して漕いだら膝の痛みが出てきて諦めました。そんなこんなしてるうちに峠でもうsuzutakaさんの姿が見えなくなって、自分も結局単独行になってぼちぼち坂を上っていたけど、遂に50km程の地点で右太ももが攣りました(TωT)
その時は後ろに人が付いていたので頑張って漕いだけど、さすがに痛くてペースが落ちてきたので、ごめん止まりますと言って路肩で停車。

おお、痛い。カッチカチです。
とりあえず曲げ伸ばししましょう。さあ曲げるぞ。
痛いけどーー、気合いでーーー、

曲がった!!

よーし曲がったけど、ん?伸びない??
痛いKEDO~~、気合いDE~~~、

伸びた (/ ^^)/

そして曲げ伸ばしを続けてさらにエアーサロンパスを吹き付けまくってなんとか攣った状態は解消、とりあえずPC2までは行く事にして、DNFの判断はそこでしましょう。
で、漕ぎ始めたら脹脛が攣りました(^▽^;)
もーいかん、これは無理だ。いやまてサロンパスだ。
ということでブシューとやって、あとは漕ぎながらストレッチしてなんとか漕げる状態に。幸いこの区間は上りと下りが交錯して足を休めながら走れます。



そしてなんとかPC2までたどり着きました。そしてなんと、suzutakaさんが待ってくれいました。



みんな食事してます。だいぶ遅れてるとおもってたけど、まだまだ走ってる人もいるので頑張れば行けそうです。最初の区間で先頭に引っ張ってもらったマージンが功を奏していますね。



ということで、自分も補給。寒いのでカップ麺を食べます。ここまで足が攣って気が散ってる間にどうやらアルコール感は完全に抜けています。しばらく休憩して足は回復しましたが、疲れがなかなか取れません。しかし、疲れが取れる見込みもなさそうなのでまたsuzutakaさんに引っ張ってもらうことにして出発します。



次に目指すは折り返し点の道の駅平谷です。先も長いしこれから本格的な山岳クライムが始まりますが、漕ぎ始めから既にヤバい感じです。これは、、無理か?
とりあえずsuzutakaさんがペースをあわせながら引っ張ってくれるので頑張って付いて行きます。ずっとドラフティングポジションで引っ張ってもらってたら、徐々に体力と足が回復してきました。
これは、行けるかも!?
時々すでに折り返しの人とすれ違いながら、途中で合流した人とも一緒にお話しながら走れるまで回復しました。しかし、膝の痛みは依然続いているので時々ガニ股になったりダンシングでごまかしながら走ります。体力が回復したおかげでガニ股もダンシングも使えるようになったので随分ラクになってきました。



しかし寒い。風邪気味の体にはこたえます。きつい上りだと汗ばんでくるけど、それが落ち着いて緩斜面になると超寒いです。



そして制限時間24分前に道の駅平谷に到着。いやーここまでこれば後は下り基調、完走が現実的になってきました。1人じゃとてもじゃないけど時間内に来れませんでした。



そして補給。胃腸がかなり疲れてるのでどうも食欲がなくてカツ丼1杯しか食べれませんでした。しかも胃腸の働きも衰弱していたようで、この肉がしばらくお腹のなかにいる感じがその後しばらく続きました。



さすが標高1000メートル近いだけあって雪がしっかり残ってます。道中も途中から雪がありましたが、上りは汗ばんでるのでそれほど寒さは感じませんでした。下りは寒いかな?



ではポニーにお別れを告げて復路に出発します。帰りは下りメインだから余裕だね~とかいってたら、スタッフさんが上り沢山いれてるよ~~と楽しそうに言っていました。確かに、来るときやたらとすごい下りがあったからアレを上るのは大変でしょうな~。



さすが沢山上っただけあって帰りはひたすら下ります。折り返しでは24分しかなかったマージンが、昼ご飯でゆっくりしたにも関わらずどんどん余裕が出来てきます。



途中他の人と合流。行きにそんなに上ったかしら?と思うぐらい結構上り区間が多かったです。
もの凄い坂でヘロヘロになってもう無理なかんじになったけど、止まって羊羹を食べてちょっと休んだらまたなんとか漕げるようになりました。もだめだと思ってもちょっと休ませると復活するもんですね。
でも今度は補給のし過ぎに加えて羊羹も食べたせいか、お腹が張ってものすごく痛くなりました。が、腹の痛みは自転車漕ぐのに影響はほとんど無いようで、漕いでればそのうち消化して痛みも無くなるだろうと思いながら気にせず付いて行きます。



PC4までみんなで一緒にいって、それからはなんかスゴイ人にくっついてずっと引っ張ってもらいながら走って行きます。
そして遂に最終チェックポイントPC5に到着。時間もまだ余裕があるしあとは平地が多いのでもう大丈夫でしょう。



あたりはすっかり暗くなってライトを頼りに走りますが、さっきのスゴイ人とまた合流して今度はsuzutakaさんが前にでて引っ張ります。自分は、前に出ると倒れそうだったので終止後ろにくっついていました(;´▽`A``
で、最後の方はまたスゴイ人の鬼の牽きに乗っかって、19時25分に無事ゴール。初ブルベはなんとか完走できました。
終止引っ張ってくれたsuzutakaさんと時々連結してsuzutakaさんの体力を回復してくれたスゴイ人たちのおかげでなんとか完走できましたが、1人では完走できたとしても時間内は無理だったと思います。ほんとは交代で前を走らないといけないんですが、ちょっと昨日は無理な感じだったのでずっと後ろで隠れていました。いやー、suzutakaさんどうもありがとうございました。
今度はちゃんと交代できるようにコンディション整えて参加します。


今回初のブルベでしたが、いる物いらない物がだいぶイメージできそうです。

1.輪行袋
今回は結果的に使わなかったけど1人だったら確実に使っていました。よって、重くても持っていた方が良さそうです。
2.食事
肉は消化が悪いので避けた方が良さそうですね(^_^;)
3.補給食
羊羹は意外と効果的でした。カロリーメイトは食べるのに水分も沢山いるのであまりよくなさそうです。
4.サロンパス
すごい効きました。必ず持って行く事にします。
5.iPhone
iPhoneの予備バッテリーが途中で切れて使えなくなりました。200kmでももう1個予備バッテリーは必要ですね。できれば単3電池を使う物が良さそうです。
6.コマ図
これは便利でした。ただ、暗くなった時の視認性が良くなかったので改良が必要です。
7.酒
前日は飲んではいけません。(;°皿°)
8.仲間
いないと自分は完走できません。単独参加の時はスタート前にお友達を作っておいて、キチンと先頭を交代できるコンディションで参加ですね。

さあ、次は出来るだけ上りの少ないブルベを探して参加する事にしましょう。


~追記~
帰りの車でiPhoneを充電し、ようやく起動したので奥さんにメールしたら晩ご飯は無いとの事。
なので塩分たっぷり摂取するためにラーメン食べました。


華丸のつけ麺。相変わらずランキング上位に入るだけあってうまいです。
自分は基本つけ麺の汁はスープ割りせずに飲みます。まあ、沢山汗をかいたと思うので許してやってくれヨメ。

ブルベ準備 〜ルートとコマ図作成〜

いよいよ明後日がブルベ当日となりました。
AR中部のサイトでキューシートが公開されたのでルートラボでコースを作ってiPhoneのランタスティックに無事に取り込みが完了しました。これでバッテリーさえ持ってくれれば道には迷わなそうですが、ルートラボ初めて使うしキューシートの見方も自信がないので若干不安ではあります(^▽^;)

で、iPhoneが落ちた時のために作ったコマ図送り装置を使うため、コマ図を作ってみました。

過去のAR中部のキューシートを見つけたので、それをベースにしてエクセルでひな形を作っておいたので、今回公開されたキューシートを貼付けたら自動で表示される予定だったけど、ちょっと配列が違っていたので若干調整しながら一応テンプレートは完成。
図もエクセルで書き込むかグーグルマップとかから読み込むように設定しようと思ったけど時間がなかったので、白紙にして地図を見ながらサインペンで書き込みました(;^_^A



で、書き終わったので早速1枚につなげて送り装置にセットしてみました。初めてにしては上出来ですが、まだ改良の余地はありそうです。夜間用にバックライトを内蔵しても楽しそうですね。
コマ図番号などの印刷データはキューシートから読み込んでいます。あと、通過時間の目安を表示しておきたかったので、これは設定した平均速度から割り戻して時刻を表示するようにしてあります。ちなみに今回は時速16km平均で設定したので、この時間までに通過しないとヤバいですって時間になっています。



チェックポイントは目立つように蛍光マーカーで印しました。
で、オープンとクローズの時間もチェックポイントのみ表示するようにしてあります。距離をみながらキチンと回していればポイントの見逃しは無いはずですが、、(・Θ・;)



あと反射ベスト届きました。キャプテンスタッグのやつで、面積が大きいので目立つ事は間違いないですが風の抵抗とかどうかちょっと不安です。

さあでは、明日の夜は役員の相手をしてあげないといけないので今日中にブルベの準備を完了させます。
飲まされすぎたらDNSになってしまう危険があるので飲ませる方向で行きましょう。

携帯フロアポンプ


注文していたGIYO GM-821が届きました。
携帯式のフロアポンプで、140psiまで入るとのことです。今使ってるのはトピークのポケットロケットで、160psiまで対応とのことだけど、手の力だけで入れるのは大変です。フロアタイプは足で本体を押さえて空気を入れる事が出来るので若干作業がはかどりそうです。
で、簡易ではあるけど空気圧計も付いているのでなんとなくいい感じの予感です。

ポケットロケットに比べると若干長くて、太さはホース部分があるのでかなり嵩張ります。重量もロケットは115gに対してこれは200gとちょっと重くなりますが、作業効率からすると許容範囲以上の価値があると思います。



使用するときはホース部分を起こして本体の方は取っ手を横にして使えます。で、本体が伸びて長くなるのでそこそこいいサイズになります。



ではさっそく空気を入れてみましょう。ホース部分をのばすと柔らかい部分がニョキっとでてきます。これは姿勢が規制されなくていいですね。で、充填してみますが、ストロークはそんなに無いので普通のフロアポンプに比べるとまるで入れにくいですが、携帯ポンプとしてはなかなか優秀なように思います。ただ、やっぱりぐっと押し込まないと空気は入って行きませんので1ストロークの充填量は正直ポケットロケットと変わらない感じです。



ゲージがあるのがポイントですね。誤差は大きいと思うけどあるのとないのとでは安心感が違いますね。空気を入れるとちゃんと動いてくれます。



で、マウントはトップチューブ下に結束バンドで固定しました。さすがにそのままだとぐらつくのでマウントに両面クッションテープを貼っています。
ツールボトルを取出す時にちょっとジャマになりますが、ドリンクボトルの取出しやすさの方が大事なので後ろに寄せて付けてあります。



ちょっと引きで見るとこう。目立ちますね。
まあでも、直線基調でシンプルな良いデザインだと思います。
しかし、どんどんコテコテになってきて色々このままでよいのだろうかと思うけど、まあまだ始めて半年ちょっとだし、これから経験を積んで行けばあるべき姿が見えてくる事でしょう。とりあえず今は機材だけは無事に走れるものを目指して方向性を模索する事ですね。

さーあとは、反射ベストです。さっき注文したから当日までには届くと思うけど、、、。
つかやっとキューシート公開されたからルートラボとコマ図作らないと。
プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 03