Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

ショックコードの修理

$ゆあんこブログ
前回のキャンプでランドロックのフレームのショックコードが切れたので修理しました。
試し張りを含めて2回目で切るとは、ランドロックのコードがよほどやわなのか自分がマッチョなのか扱いが下手なのか不明ですが、まあ消耗品なので気にしない事にします。
使ったのは小川のショックコードで、他社に比べて太いので耐久性が良さそうな感じです。
ちなみに、切れたコードと全く同じ太さと色とデザインに見えたので同じ物かもしれません。
ただ、青色のぐるぐるの巻きが反対なので良く似た違う物なのかもしれないです。

$ゆあんこブログ
とりあえず切れたショックコードを外します。
このフレームは、中央からそれぞれショックコードがついています。
中央側がスプリングピンで、端の方はワッシャーでついているようです。ようですとは現物がなくなったので確認できなかったからです。
たまたまセンターのジョイントを通す穴があったのでスプリングピンを押し出して穴から抜き出しましたが、こういった構造でない場合はハンガー等でフックを作って反対側から引っぱり出さないといけないようです。

$ゆあんこブログ
バラバラになったフレームを正しい順に並べます。左右対称なので反対側を参考に並べました。
1種類しかないフレームだとバラバラになったら順番がわからなくなるので、切れる前に順番をフレームに書いておいた方がよさそうです。
ショックコードはフレームを結合したときの長さの半分~2/3程度の長さで良いようなので、とりあえず作業がしやすいようにフレーム全長と同じ長さで切って、2/3ぐらいの所にテープを巻いて印をつけておきました。

$ゆあんこブログ
全部に通したショックコードを引っ張って印のテープのあたりをモンキーで挟んで戻らないようにしておきました。洗濯バサミとかでも良いかと思いますが、挟む力が結構強くないと戻って行くと思います。

$ゆあんこブログ
ワッシャーは無くしてあるので工具箱からめぼしいサイズの代用品を探してきました。
ラジコン用の廃ベアリングとちょっとしたサイズのワッシャーを使う事にしました。

$ゆあんこブログ
ベアリングがちょうどフレームの内径とドンピシャだったのでこれをストッパーにして、ワッシャーにコードをエイトノットでとめます。

$ゆあんこブログ
センター側はスプリングピンなので、ラジオペンチでぐいっとつまんで突っ込んで、メガネレンチで押し込みました。
ポールのジョイントを差し込めば奥まで入るのでここは適当で良いと思います。

という事で無事に修理完了しました。
作業は簡単なので、現地で切れてもすぐに修理できそうです。
スポンサーサイト



プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

123456789101112131415161718192021222324252627282930 06