Road Bike's Log

40歳からロードバイクを始めてPBP完走を目指すナウでヤングなお父さんのブログ

 

BBBR 〜バラバラバイクるんるん♩〜

RBBBすなわちロードバイクバラバラにした Cannondale CAAD8号、数々の障害を乗り越えながら適当に組立続け、ついに走れる状態に戻りました。
さあでは、最後の仕上げをレポートします。


DSCN3014.jpg
バーテープを巻かないといけません。安いのに安心な感じの物を探していた所、カブトのコルクタイプのやつが安かったのでこれにしました。弾力に富んだオールラウンドモデルらしい。
まだバーテープ付けた事が無いので最初は練習がてらこんなもんでいいでしょう。消耗品だしね。
で、シフトとブレーキのアウターケーブルはやっぱりバーテープの中に一緒に巻く事にしたのでケーブルをハンドルに巻き付けるための融着テープも買いました。


DSCN3021.jpg
ではレッツ取り付け。自己融着テープは巻き感がすばらしいですね。ぐいーんと伸ばしてパツンと付ける感じが癖になりそうです。


DSCN3022.jpg
よーわからんけど適当に巻いたらゴテゴテになりました。コルクで分厚いからまあ仕方ないのかな。
色は黒じゃ前と同じだから気分を変えるために茶色にしたけど、まあ悪くない感じです。
シフター付近をたすきがけしたらカバーの出っ張りが嵌る部分まで巻いちゃったのでその辺のカバーがゴテっとしてます。今更やり直すのも面倒だしテープも粘着が落ちるのでとりあえずこのバーテープのうちはコレでいきましょう。


DSCN3023.jpg
ケーブルの取り回しが完了したのでディレイラーとケーブルを接続して適当に調整します。
フロントは新品ケーブルです。そのせいなのかどうか分からないけどかなりシフトが軽くなりました。また、トリムもばっちり決まるようになって気分がよいです。


DSCN3026.jpg
さあでは、試運転しましょう。
とりあえず弱ペダ一番くじ、ファーストリザルトをゲットすべく、尾西の平和堂まで行ってくる事にします。
走り出しは上々、フロントのシフトも抜群のレスポンスです。しかも軽い。
ケーブルの取り回しは前と一緒だから、やっぱりケーブルが新品ってのがいいんでしょうか。とにかく気持ちがいいぐらいしっかり動いてくれます。
トリムも上々でフロントについては申し分無い仕上がりとなりました。

リアはまだ調整が必要でした。段によってはカシャカシャ音鳴りが出るので止まっては調整を繰り返しながら走ったけど、まだ全域に渡ってシフトと音鳴りが完全には調整できていません。
調整しながら走っていたらクロスバイクの兄ちゃんにビューンっと抜かれました。

おのれやりやがったな。こっちはお前とは背負うとるもんが違うんじゃいっ〜〜!

と言う事で、アウタートップまで一気に上げて必死で逃げるクロスバイクを倍程のスピードで車も抜きながらぶっちぎっておきました。なかなか上々の仕上がりですね、キャノンデール。めっちゃ走るから自分の組立の才能に戦慄を覚えたけど、復路はものすごい向かい風で大変でした。

組み上がったキャノンデール、以前と遜色のない走り味でとりあえずほっと一安心。なんとか組み上がるもんですね。
シフトもがちゃんがちゃんやってきたから初期伸びやらその他もろもろも馴染んで来た事と思うので、これから微調整に入ります。
格好付けてシフターの位置をちょっと低めにしたら、ブラケットポジションでかなり前傾になるのでロングの時は疲れそうです^^;
まあ、いいか。今度バーテープ替える時はもうちょっと上にしよっと。

なんとなくRBBBからのBBBRは完了した感じなので、次はホイール編としましょう。
とりあえずそこまで分組しておけばPBPとかでメカトラブルがあっても部品と道具さえあれば対処できそうです。
ブルベでもそうだけど、簡単なメカトラブルでDNFはもったいないから、ロングやるならある程度の事は自己解決できるようにしておきたいですね。


DSCN3027.jpg
で、弱虫ペダルの一番くじ引いたらH賞でした。リフレクターだそうで、中は何か分かりません。
総北なら〜、巻ちゃんがいいなー。
奥さんも総北なら巻ちゃんがいいみたいです。


DSCN3028.jpg
巻ちゃんでした。おお、引きが強い。
巻ちゃんフィギュアゲットするまで挑戦し続ける事にします。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ

SK11 デジタルトルクレンチ SDT3-060

2日振りに家に帰って来たらAmazonで注文したデジタルトルクレンチが到着していました。

DSCN3013.jpg
藤原産業のSK11 SDT3-030、デジタルで安価なトルクレンチです。
安いけど自転車の締め付けなら十分使えるとネットで評判だし、バラバラにしたロードバイクのネジの締め付け箇所も沢山あることなので、早速存分に使えるから試しに買ってみました。

レンチ自体は短いけど60Nmまで行けるそうです。頑張って力入れれば行けるでしょう。
低いレンジも3Nmからなので、まさにロードバイクのためにあるようなトルクレンチですね。


DSCN3015.jpg
検査成績表も付いています。右回転3%、左回転4%の誤差とのことなので、自転車のネジの締め付けなら十分許容範囲ですね。


DSCN3016.jpg
こちら、ネットで不評な電池蓋です。プラスねじ4本で付いています。
しばらく使用しない時は電池を抜いておくようにとの事ですが、いちいち抜くのが面倒くさいとのことで、まったくその通りだけどこの手の製品は長期間電池を入れたままにしておくと液漏れしそうなのでここは一つ、こつこつ電池は抜いておいた方が良さそうです。


DSCN3017.jpg
電池は東芝の「めっちゃ酷使に耐えます」と書いてあるやつが2本付いていました。
せっかくなので性能を十分に発揮してもらいましょう。


DSCN3018.jpg
トルクはあらかじめ設定して、締めて行くと光と音で設定値に近づいて行くのを知らせてくれます。
トルクの設定は<>ボタンを押すんだけど、長押しするとものすごい勢いで変わるので目標値の近くでうまく止めるのは熟練が必要です。まあ1回ずつ押せば0.01単位で変わるのでいいんですけどね。


DSCN3019.jpg
設定値になるとLEDがレッドゾーンに入って音もひときわにぎやかになります。ちょっとした目覚ましぐらいのにぎやかさですので、家族が寝てから部屋でやるとかちょっと無理かもしれませんね。


DSCN3020.jpg
あまりに音がうるさいのでスピーカー部分に子供のノートにあったシールを貼りました。少しおとなしくなりました。
でもまだ十分うるさいのでもっとコッテコテに塞いでもよさそうです。

さて、使用感ですが、なかなか良いです。体勢的に画面をずっと見てるのが大変な場所でも音で大体わかるので、最後の微調整の時だけ気合いで数値を確認すれば良い感じです。
首折れ式ではないので締めればどんどん締まって行くし、ブザーにひるんで力を抜くと数値がブレますが、まあこれは慣れでなんとでもなりますね。
感触で締めていたネジがどんなもんかと思いましたが、遠慮した分だけ若干ゆるめだったようです。まあそこそこいい線行ってたのでまだまだ自分の勘も捨てたもんじゃないと思ったけど、やっぱり数値できちんと管理できるのは気分がいいですね。
また、このタイプは両回転ともトルク計測が出来るのがいいですね。
お値段も1万円程度なので、サドルの高さとかハンドルの高さ、ステム交換程度なら自分でやるって人は持っていても損は無いと思います。


使用感を動画撮影しました。

慣れると使いやすいと思います。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

BBB(←この辺までキタか!?)R

昼休みにY'sRoadに行ってシフトケーブルを買ってきました。
ブレーキケーブルは、もったいないから既存のヤツを使います。なんともビンボーくさいけど事実ビンボーだから胸を張って使い回します。


DSCN3009.jpg
STIレバーを途中まで分解しかけたけどなにやら色々複雑そうなので新しいレバー買ってから分解する事にして、今回はそのままつけました。
で、ケーブルを施行したけど雑多に置いてあるアウターがどこにハマるヤツなのかまるでわかりません^^;
なんか似たような事が前にもあったような。。
ああ、あれだ。ネットワーク中継ハブのケーブルを手当り次第に抜いたらどれがどこのやつか分からなくなって元に戻すのに往生したヤツだ。それ以来最初にタグを付けるように気をつけているけど、どうやら自転車にはその教訓が生かされなかったようです。次から気をつけよ。

で、長さを見ながら1歩1歩片付けていったらなんとか付きました。いやーよかった。
でも使い回しケーブルはやっぱりちょっとアウターキャップに入りにくかったからやっぱり新品に替えた方がいいのかな。まあ、通ってしまえばスムーズに動くからいいけど。
グリス塗れとか塗るなとか書いてなかったのでとりあえずワイヤーにセラミックグリスを塗りこんでおきました。ホコリを呼んで重くなったらバラして洗浄か交換ですね。


DSCN3010.jpg
アウターをハンドルに巻き付ければ多分元の状態に近くなる事でしょう。
すごーい軽いシフトを目標にしてるので出来るだけカーブを抑えた形状にしたいところです。いっそ、ハンドルに巻かずにアウターむき出しでもいいかもですね。


DSCN3011.jpg
アウターパズルで脳がオーバーヒートしたのでディレイラーの調整はまた冷却が完了してからにします。
試合には万全の体制で望む事にしましょう。


DSCN3012.jpg
かなりロードバイクっぽくなってきました。
ディレイラー調整してバーテープ巻けばもう外を走っても恥ずかしくないところまで来てるはずです。
バーテープは、Y'sにはぐっと来る安物がなかったのでネットで送料無料かつ安いやつを探すとしましょう。あと、ケーブル巻くためのビニールテープも、100均のだと後でべったべたになるのが目に見えているのでちょっといいヤツ買いましょう。

そろそろ購入当時あたりの写真を見ながら間違い探しをしないといけませんね。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ

BB(←このへん)BR

事務所に置いてあるウェブ&メールサーバのノートパソコンが壊れそうです。なにしろずっと昔使ってたダイナブックでHDDは20GBしかないやつです。
ということでXP騒ぎで廃棄処分にする予定だったパソコンにリースアップしたサーバに入っていた500GBのHDDを入れてFreeBSDサーバを作りました。今度はグループウェアと電子申請システムも作る事にしましょう。
で、使ってるモニターの解像度がやたらと高いのに字がデカイのが気に入らなくて設定ファイルを色々いじってたけどうまくいかなくてムキーっとなったけど、仕事の片手間にそんなくだらない事で時間をかけるのもおバカですね。
ということでCentOSに入れ替えて作り直し。こっちは最初から高解像度で表示できるので快適です。が、字がちっこすぎて今度は画面の隅々までターミナルの字だらけになったのでちょっとしたカルチャーショックを受けて帰ってきました。

で、もう画面は見たくないのでCAAD8のBBBRの続きに着手しました。


DSCN3004.jpg
そして本日は記事にするまでもないただ部品をくっつけるだけの作業で終了。
いやほんとはもっとやるつもりだったんですよ。


DSCN2997.jpg
でもこやつが作って来た風車をぶんぶん回しながら、


DSCN3001.jpg
レゴを解体しだしました。

や、やめてくれ。それ高いんですけど。
今買うとこれぐらいなんですけどっ凸(゚皿゚メ)


DSCN3003.jpg
そしてしきりにコレの写真を撮れとうるさいのでパシャリとね。
ああ、在りし日の完品の姿から随分変わり果ててしまいました。アンテナとか、ちょっとした部品がないだけなんだけどな〜。
まあ、部品はすべて記憶しているので汎用パーツでなんとかなるものばかりなのが救いか。

さて、なんとなくロードバイクっぽい形になったCAAD8ではありますが、レゴテクニックを監視しながらのやっつけ作業なので見た目に反して出来上がっていません。
しかしコレからが腕の見せ所なので無い腕を絞ってかんばる事にしましょう。



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ

BBBRのBぐらい 〜ついでにスプロケ入れ替え〜

今日は幼稚園の発表会でした。
で、帰って来てからRBBBすなわちロードバイクバラバラにしたCAAD8をBBBRすなわち、何だ?
まあいいか、正式名称はまた後日ということにして、通称BBBRに着手しました。

DSCN2989.jpg
さあでは、たしかコイツはヘッドチューブの上下に入っていたのでまず分解してみましょう。
2個あったので1個はまだバラす前、で、1個はバラしたやつです。シールドベアリングなのでシールドを外そうと思ったら固くて外れなかったけど、ケースの内側部分をちょっと押したら簡単に外れました。
で、シールも外してリテーナーを取り出して付いてた玉を全部外して洗浄。


DSCN2991.jpg
グリスをきれいさっぱりブラシで洗い流してたら、どうやらちょっとリテーナーを曲げたようです^^;
平面でまっすぐになるように調整するのに随分時間がかかりました。やっぱりそもそも分解するパーツじゃないですね。でもおかげで随分スムーズに回転するようにはなりました。
グリスは、最初に入っていたグリスは何か分からないのでとりあえずセラミックグリスを塗り込んでおきました。まあ、グリスが合わなくてもせいぜいステアリングが重くなってくるぐらいでまさか急にロックすることは無いだろうからヨシとしましょう。


DSCN2992.jpg
ということなのでフォークを差し込みましょう。
グリスはデュラエースとセラミックを適当に塗っただけです。ここはまた分解するのは面倒なので慎重に仕上げておきたい所ですね。


DSCN2993.jpg
ハンドルをつけて固定。ところでいつもハンドルを緩めるとまっすぐ取り付けが出来ないんだけど、なんかいい方法ないのかな?
とりあえず今日はフローリングの線で合わせておきました。でも走るときっと斜めになってるんだろうな〜。


DSCN2994.jpg
とりあえずタイヤをつけてスタンドにきちんと置けるようにしました。作業がしやすくなりますね。
フォークコラムをカットしたい所ですが、どうやらお兄ちゃんが大きくなったらコレに乗る気でいるみたいなので、とりあえず出っ張ったまま残しておくとしましょう。

行き先の分からなくなりそうな部品が少し減りました。残りは多分クランク周りのヤツでしょう。


DSCN2996.jpg
スプロケットを洗い忘れていたので外して洗いました。
で、ついでにエストラーダのレーシング3に付いているシマノカセットも洗ったのでお互いのスプロケットを入れ替えました。


DSCN2995.jpg
こっちがエストラーダ。チェーンが洗ってないのを画像処理でごまかそうと思ったけどめんどくさいのでやめましょう。
以前はシマノスプロケットでしたが、スラムのスプロケットに入れ替えです。これでコンポーネントがフルSRAMになりました。
シマノのスプロケットでも変速に支障はありませんでしたが、実はこっちは最小ギアが11Tです。ちなみにシマノの方は12T。
エストラーダに慣れるまで乗り馴れたギアで行こうと思ってシマノの方にしてましたが、大分感触が分かって来たのでそろそろ解放して違いを感じてみたいと思います。

さてでは、ケーブルとバーテープを探す事にしましょう。
ケーブルはどんなんがいいのか良くわかりません。なんかオススメあったら教えてください(^^)/
安くていいヤツね。


にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ   にほんブログ村 自転車ブログ 夫婦サイクリストへ
プロフィール

ゆあんこカロとー

Author:ゆあんこカロとー
自転車
 Cinelli Pro ESTRADA 
 Cannondale CAAD8 5 105
 RALEIGH Carlton N

イベント参加記録
2014
 AR中部 BRM315 200km 12h25m
 完走 (CAAD8)
 AR中部 BRM412 300km 18h21m
 完走 (CAAD8)
 ツール・ド・西美濃 120km
 完走 (ESTRADA)
 AUDAX近畿 BRM1004 200km 11h38m
 完走 (ESTRADA)
 鈴鹿エンデューロ 2014/11/15
 4Hロード 146位 (ESTRADA)
2015
 AUDAX近畿 BRM418 200km 11h09m
 完走(ESTRADA)

年別アーカイブ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
ランキング

12345678910111213141516171819202122232425262728293031 05